ゼロ (星のカービィ)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「ゼロ様の趣味?……ノーコメントでお願いします」
ゼロ について、ダークマター

ゼロはSFCソフト「星のカービィ3」のラストボスである。ダークマターの親玉の癖に体は純白まっしろだ。

ZERO-Anatomical drawing.png


特徴[編集]

見た目は白い球体に赤い目が一つ付いているという、シンプルで誰にでも描けそうなデザイン。 攻撃パターンもはっきり言って地味だが、避けにくいものが多い。耐久力が高く、倒すには攻撃を120発以上命中させる必要がある。 そして極め付けは体が裂ける+目から大量出血+眼球が突出して襲い掛かってくるという、多くの子供がトラウマになるようなシーン。 しかもこの目玉は攻撃するたびに血が噴き出るという、またまたまたちびっ子が泣き出しそうな要素がある。目玉自体はカービィに向かって突進して来るだけで大して強くもない。以前より耐久力は低下しているので、すぐに倒せると思われる。

ゼロツー[編集]

星のカービィ64」で登場。 名前や容姿が似ている為、しばしばゼロやダークマター族と同類化される。しかし同一人物であるか、ダークマター族であるかは不明。 ファン?からは「酸素」や「ワサビ」と呼ばれる。 弱い弱いと言われるキャラクターだが、戦闘曲はである。

使用する技[編集]

血液発射
目の周りから血を発射。避けにくい。ラブラブステッキで破壊が可能。

発動する直前に目が大きく開く。これを覚えておいて損はない。 ゼロが画面上の方で発動して来たら下へ、画面下で発動したら上に逃げてラブラブステッキを振り回すと、案外楽かも…?

小型ダークマター発射
そのまんま。ラブラブステッキでの破壊は不可能。

意外と誘導性能は高めで、うまく切り返さないと正面激突する。 あまり大きく動くと逃げ道が無くなりがち。慣れていない人は攻撃のことは忘れて、回避に専念しよう。

体当たり
地味だが強力な技。体を震わせた後、画面の大半を占領する巨体で突進してくる。事実上ゼロの最強の技である。

体当たり後に戻って来たり、画面奥からの攻撃に繋ぐコンボも存在する。 戻って来た時は、画面上端(または下端)でやり過ごそう。後ろは危険。

血液ボム

画面奥からの攻撃に入る。この時、ゼロにダメージを与えるのは不可能。 遠くからカービィめがけて血液発射。炸裂してまるで画面に血糊がついたようになる。 基本的に動き回っていれば当たらない。多少でたらめに動いていても当たらない。

使用する技(ゼロツー)[編集]

炸裂弾
最初は一つの弾だが、カービィに向かって飛んで行き、近くまで来ると炸裂し爆発する。回っていると避けやすい。

…口で説明しにくいです。

ガス
尻尾からガス発射。この尻尾に攻撃を当てることで、ゼロツーにダメージを与えられる。

上下に動いて尻尾攻撃を当て、左右に動いてガスを回避。左右に動く時は大きく動き過ぎないよう注意。

その他のダークマター族達[編集]

ダークマター
星のカービィ2」に登場するマントを羽織った者、リアルダークマターと似た者の2種類が存在する。最近クローン化された

多分ゼロの部下か何か。

グーイ

紺色で舌の長いキャラクター。敵ではなく味方ポジション。 ダークマター族であるが、悪い心を持たない。でも何も考えてなさそう。 ブロッブという妹が居るが、海外版でのみ登場しており、国内での知名度はあまり高くない。

ダークマター族に似たキャラクター達[編集]

ミラクルマター
正二十面体のサイコロに似たキャラクター。倒し方が特殊で、カービィシリーズでは異色と言える。
ダークリムラダークリムルダークリムロ
星のカービィ64」に登場する。

オープニングとストーリーの序盤にのみ登場し、それ以降の出番は一切ない。

ダークマインド
太陽に目が付いたようなキャラクター。前哨戦が無駄に多い。
ドロシア ソーサレス(ソウル)

魔女。絵画に魂が宿った、付喪神のような存在。ダークマター一族ではないが、パラマターとかいうのを召喚する為、むしろ彼らを使役してるっぽい。真のお姿はぶっちゃけ、ゼロよりグロい。そして怖い。悲鳴がトラウマ

ダークゼロ
黒い星型のキャラクター。ゼロとついているのに「ヒトデマン」や「最弱」と言われる。

ドロッチェに取り憑いたりしてカービィを倒そうとするも、ケーキの所在が気になって周りに目もくれなかったカービィに、呆気なく一蹴された。

マホロアソウル
変わり果てた魔術師のMさんの姿。
ゼロやダークマターよりも一枚上手の実力の持ち主。だがほとんどの技が先輩達のパクリである。
更にはカービィの技、果ては戦闘曲までもパクった、とんでもない盗作野郎である。まあカービィの世界は強い奴ばっかだからね。仕方ないね。
エンデ・ニル
生まれたてのダークマター。形態により様々な姿をとる。コアはドロシアソウルのような球体だが、カービィのような顔になったり、リアルダークマターの姿をとったり、マルクの羽が生えたりする。(大嘘)要はコジマである。

関連項目[編集]

Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ゼロ(カービィ)」の記事を執筆しています。
  • カービィ - にっくきピンク球。可愛さ余って憎さ百倍とはまさにこのこと。
  • デデデ大王 - 毎度のごとく彼らにいいように操られるお方。ペンギンではない。多分。
  • 星のカービィ3 - ゼロ初出演作品。
  • ゆで卵 - 人によってはそれっぽく見える。
  • 邪気眼 - …うん。
  • 視力検査 - 「先生、見えません」
  • 目玉親父 - 似ているが接点は一切なし。それ以前に登場する作品が違う。
  • バックベアード - 「このロリコンどもめ!」はネタです。カリスマのあるベアード様もいい物ですよ。
  • 惡の華 - ハナガサイタヨ ハナガ ハナガサイタヨ ヒドクカゼニオビエタ ダレモミタコトナイハナガサイテイタヨー。