ソニコミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ソニコミ(Sony Communication)は、ソニーTHE [email protected]XBOX360に取られてしまった怨みから企画しているアイマスもどきのPCゲームである。株式会社ニトロプラス開発。2011年(平成23年)11月25日発売。

概要[編集]

バンダイナムコが開発したTHE [email protected]は見事にXBOX360のキラーコンテンツとなり、その結果ニンテンドーWiiではなくニンテンドーDSに苦戦していたPlayStation 3は更に競合相手を増やしてしまい、ますます苦境にはまることとなった。

この状況ではいけないと判断したソニーは、独自性を持たせた同コンセプトのゲームを企画することとなったが、多くのサードパーティが撤退するほど高度なPS3のスペックが自らの首を絞めることとなり、開発に多大な時間が掛かる結果となった。このため、VAIOなどソニータイマー搭載PCでのみ動作するPC専用ソフトを体験版としてリリースし、それが話題になっている間にPS3版を開発する方針に転換することとした。間に合わなければPS3版は立ち消えになる可能性もある。

この企画で開発者を公募したところ、最も好条件で応じたのは何故かエロゲー会社として知られる株式会社ニトロプラスであった。ソニーはニトロ社風のキャラで売れるか不安ではあったが、事前のプロモーション活動で公開されたすーぱーそに子はいろいろな意味でニトロのイメージを打破したキャラクターとなっており、予想以上に高い評価を得たため、ソニーの不安は杞憂に終わることが確実視されている。ただし、逆にエロゲファンとりわけニトロファンにとっては当然ながら(以下略)。

しかし、ソニーが求めている要件をクリアするために開発には多大な時間が掛かってしまい、当初2010年(平成22年)夏に発売予定だったものが、同年秋に延期され、更に伸びて結局翌年2011年(平成23年)に発売予定となってしまったが、結局、同年11月25日にようやくと言うか無事に発売された。

なお、体験版といえば、通常は無償で配布されるものであるが、上記のような経緯からある程度の利益を確保する必要があるため、有料とすることが決定している。

ゲームの内容[編集]

プレイヤーは女子大生アイドルすーぱーそに子を取材するカメラマンとなって、あんなことやこんなことをしていくうちに、そに子があなたに恋をするようになる…というものであるが、ソニーの意向により全年齢向けとしているため、従来のニトロ作品のような濃厚な展開は期待できないかもしれない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

登場人物[編集]

すーぱーそに子
このゲームで唯一攻略対象となるアイドル。中の人について探ることは禁則事項とされている。
THE [email protected]の攻略対象キャラは女子中学生からOLまで幅広い年齢層となっていたが、そに子は本作品を全年齢向けゲームにしたい意向から、女子大生とされている。つまり、名実ともに登場人物は18歳以上となっている。

攻略対象アイドルが一人しかいない事に不満になってはいけない。このゲームの正式版はあくまでもPlayStation 3版の予定であり、PCゲームはあくまでも体験版に過ぎないのだから。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソニコミ」の項目を執筆しています。


Takagi.gif あー、そこでこっちを見ている君! そう君だよ、君! まあ、こっちへ来なさい。
ほう、何といい面構えだ。ピーンと来た! 君のような人材を求めていたんだ!
我が社は今、「ソニコミ」を秀逸な記事へと導く、執筆者を募集中だ。
ま、詳しくは入社してからと言う事で、まずは加筆を始めてくれたまえ
……あ、おーい、どこへ行くんだね? 我が「ソニコミ」は、いつでも君を待っているぞ~!! (Portal:スタブ)