ゾーリンゲン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「何をするきさまらー!」
ゾーリンゲン について、ガラハド

ゾーリンゲンSolingen)はドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州に属する世界一鋭くとんがっており、切れ味鋭い危険な都市というかむしろ刃物である。

概要[編集]

ゾーリンゲン市民にとって刃物は非常に身近なもの。

ゾーリンゲン市はドイツ西部に突き出ている切れ味が鋭い刃物であり、それ以上でも以下でもない。ドイツの工業を支えるライン工業地帯の大都市の真ん中に位置するが、この都市はナイフで独立を切り取った独立市である。

ドイツ人であろうがなかろうがこの街にやってくる悪い人間は容赦なく切り刻まれるし、良い人間も人間以外も無差別に容赦なく切り刻むうえ、パンチーズソーセージワインビール、時にはフォルクスワーゲンメルセデスベンツの車体も切り刻む。市のモットーは「刃物は友達、怖くないよ!」であり「寄らば斬る!」である。

市民達は幼少の頃より刃物の扱いに熟練するよう訓練を重ね、降りかかる火の粉も降りかからない火の粉も容赦なくきりつけ、鋭利な刃物を持って逃走中(闘争中)と見られている。そしてナイフみたいに尖っては触るもの皆傷つけてくるが、わかってくれとは言わないらしい。むろんの事ながらこの町の住民はドイツ人ではあるがキーボードクラッシュしない、むしろキーボードをナイフで滅多刺しにする。

都市全体が銃刀法違反だが、遵法する気はさらさらない。市民の間で人気のスポーツは刃物を研ぐ事とチャンバラであり、ドイツの癖にサッカークラブは弱い。

イギリスシェフィールド日本岐阜県関市とともに「刃物の3S」などと呼ばれるが、決して三国同盟のようなものではなく、三つ巴の闘争を繰り広げているライバル同士である。岡山県瀬戸内市長船町なども強力なライバルとしてあげられ、今日もゾーリンゲンにナイフの雨が降る。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゾーリンゲン」の項目を執筆しています。