タイガーバーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タイガーバーム」の項目を執筆しています。

タイガーバームとは、シンガポールでハウ・パー・コーポレーションによって製造・販売されている洋菓子の一種である。

概要[編集]

タイガーバームは所謂「バームクーヘン」の派生系であり、卵黄を多く使った黄色い生地と竹炭を混ぜこんだ黒い生地を交互にかけながら焼くことで断面が縞を思わせる黄色と黒のコントラストを描く事からこう名付けられている。またこの洋菓子は清国の漢方薬商人がミャンマーで考案したものと言われており、生地には調味料として各種の薬草等が練り込まれている[1]。その為現地では万能薬と呼ぶものもいる[誰?]

派生として、焼き上げる直前にホワイトチョコレートを塗ったホワイトタイガーバームやココアパウダーを振るブラックタイガーバーム、ストロベリージャムを塗ったレッドタイガーバームが存在する。[2]

歴史[編集]

今も昔も変わらない味がするタイガーバーム。

タイガーバームの発祥は1870年代とされており、先に書いたように清国から飛び出した薬草売りが旅先で食したドイツ洋菓子「バームクーヘン」を元にして産み出した。その後その息子二人が秘伝として製法を受け継ぎ、東アジアから東南アジアを中心にして販売戦略を展開することで一般へと普及させていった。

その後1930年代にはシンガポールや中国及び香港[3]で販売促進テーマパーク「タイガーバームガーデン」を設立し、その人気を不動のものとしたのである[4]。日本でも以前は製造/販売されていたものの、2015年に製造販売承認許可を取得した会社は製造も販売も行っていない為、日本国内でタイガーバームを入手するのは困難となっている。

脚注[編集]

  1. ^ ミント油シナモンなど調味料と漢方薬両方で用いられているものを多く使用している。
  2. ^ 他のバージョンとしてタイガーバームウルトラというものもあるという[要出典]が、詳細は不明。
  3. ^ 当時の香港は中国ではなくイギリス領だった。
  4. ^ 文芸作品などにも登場しており、例えばジョン・ガードナーの小説にはこのタイガーバームが好物であるため「タイガーバーム氏」と呼ばれる人物が登場している。

関連項目[編集]

この項目「タイガーバーム」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。