タイマニア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「タイマニア」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

タイマニアTaimania)は、大麻を吸い、タイマンを好み、怠慢な民族、タイマニアンTaimanian)が住む国家である。

概要[編集]

タイマニアは、日本の周辺に位置する。産業は大麻栽培が中心で、世界シェアの八割以上を占めている。成立が日本での明治時代以降と歴史は浅いが、近年の経済的成長は著しい。

特徴[編集]

国名[編集]

タイマニアの国名の由来はもちろん「大麻・タイマン・怠慢」であり、彼らはこれをスローガンにして暮らしている。ちなみに、「タイマン」という言葉は日本において「一対一での喧嘩」を意味するが、その語源はタイマニアンが一対一での喧嘩を好んでいたからである。それが日本に普及して次第に「man to man → マン対マン → タイマン」が語源とか中国語が語源とか間違った説が広まった。

地理[編集]

タイマニアの領土は今のところ確認されていないが、研究によると「日本海に浮かんでいるか、太平洋に沈んでいるか、それとも日本に接しているか」の三つのうち1つであることが明らかになっている。なぜなら、日本にはすでに若ノ鵬加勢大周少年A、など数名のタイマニアンが発見されており、日本の近くにある可能性が非常に高いからである。

生活[編集]

タイマニアに住むタイマニアン達の主食は、大麻であり、赤ちゃんも生まれたときから大麻を吸わされる。タイマニアンの殆どは大麻以外には何も口にせず、たまに物付きな者がガイジン料理店に足を運ぶくらいである。そのためか、タイマニアの産業の80%が大麻栽培であり、その他はカツアゲなどのビジネスである。

また、タイマニアンの性格はとにかく怠慢であり、大麻やタイマン以外には興味を示さず、消極的である。それでも常に強がることは忘れず、プライドは高い。さらに、学力水準は極めて低く、一人当たりのIQは8.93ほどである。つまり、一言で表せばタイマニアンはDQNということである。

競技[編集]

国技はタイマンであり、日本における相撲に似ていると言われる。タイマンとは、まず観客席に大麻を巻き、それから相手と睨みあい、一対一になって己の力を見せつけ、強がることが目的のスポーツである。とりあえず相手を泣かせたり殺したりしたら勝ちらしく、途中棄権した者は「ヘタレ」と呼ばれ、観客から嘲笑を浴びせられる。また、タイマニアンではプロタイマン選手は人気があり、残念なことに子供達の憧れの的となっている。そして、タイマニアンにはタイマン版星一徹のような親も存在しており、子供に特訓をさせている。子供達は決して恵まれた存在ではなくむしろかわいそうなほどなのに、親は「英才教育」とか言って気にしない。それ以前にそんな親もかわいそうである。

外交[編集]

日本との結びつきが強く、タイマニアンの俳優は日本のスイーツ (笑)に「タイマニスター」と呼ばれ、「普段は大麻吸ってばかりで怠慢で頼りないかなって思うけど、いざタイマンとなればやるときはやる、そのギャップがいい (笑)」と人気が高い。タイマニスターの影響もあり、日本ではタイマニアは高い評価と人気を誇っている。

関連項目[編集]