タイミング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タイミングとは、様々な形態をとる物体。個体により品質に大きな差がある。

概要[編集]

人間生活において非常に重要とされる物体であり、あらゆる場面でこれを用いることが要求される。特に音楽の文脈では特に重視されており、ダンスを行う者は必ず身に着けていることが要求される[1]。初心者はうまく扱えないことが多いが、上級者になると完璧に使いこなせるようになる。しかし熟練したつもりになっても、指導者からは「タイミングが悪い」などと品質を指摘されることがあるので注意が必要。品質が悪いと周囲の反感を買ったり、叱責されたりしかねない。

先述した音楽的な場面以外にも、日常生活でも時折要求されることがある。例えば告白。もともとは一定程度の関係しかなかった人間同士が新たなステージに入り、性交渉をはじめとする様々な行為をするために踏み出す一歩だが、これには繊細なタイミングの扱いが必要である。相手が落ち込んでいるとき。統一試験が終わったとき。相手の昇進が決まったとき。終電を逃したとき。どれを選ぶかで、自身のタイミングの品質が分かってしまうのだ。但し注意しなければならないのは、音楽の文脈では自身のみに依存するタイミングの質が、こちらでは相手にも依存することである。一度、失恋直後の人物に告白して成功したことがあるからと言って他の人物にそれが通用するとは限らないし、またその逆も然りである。自身の持つタイミングの品質を注意深く見極めること。これを、あらゆる行動において意識していなければならない。

形態[編集]

タイミングには様々な形態がある。質に関しては既に述べたが、それ以外にも扱い方にいくつか種類があるため注意が必要である。以下にその一例を示す。

掴むもの
一般に、何度もやらないとわからないこと、体で覚えていく必要があることに対しては掴むことが必要である。当初は失敗が多いものの、めげずに何度も挑戦すると次第に掴めるようになってくる。恋愛でいえば、当たって砕けろの精神で何度も告白し、少しずつ適切な時を選ぶことができるようにするような場合に用いる。
読むもの
一般に、じっと身を潜めて時を見計らい、最適な時を待つ時に用いられる。そこには忍耐が必要であって、焦りは禁物である。恋愛でいえば、相手がどのような状況にいるときに告白すべきか考えているような場合に用いる。
外すもの
一般に、意図的に時期をずらして行為を行う場合に用いられる。そこには様々な理由があるが、常に意図的であることに注意が必要である。恋愛でいえば、意外性を強調することによって成功率を上げようとする発想から、下校時などの二人きりになった空間で出し抜けに告白するような場合に用いる。
逃すもの
一般に、意図せず時期がずれてしまった場合に用いられる。基本的には後ろにずれてしまうもので、尚早な場合は少ない。また、タイミングを逃してしまったのち、それでもその行為を行うかどうかは各人に任されるところである。恋愛でいえば、嫌い嫌いと口では言っている者の実は好意を抱いていた幼馴染が、ある日突然引っ越してしまったような場合に用いられる。これは、物理的に告白の実行が不能になってしまうケースである。

結論[編集]

タイミングの良し悪しは、自身のみで判断できるものではない。原則自分ではタイミングが良いと思ったときに行為が実行されるのであり、失敗するたびに自身の感覚をアップデートしていくほかないのである。しかしそれでも、上述したタイミングを逃すケースは悲惨である。ツンデレを始め、こうして沈んでいくケースが多いことには注意しておかなければならない。常に内省し、タイミングの感覚を養っておくことが必須である。

脚注[編集]

  1. ^ 合唱・オーケストラなどではテンポなどと呼ばれることもある。

関連項目[編集]