タピオカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タピオカ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タピオカガエル属」の項目を執筆しています。

タピオカ(tapioca)とは、東南アジア原産のカエルの一種「タピオカガエル」およびそのカエルののこと。卵は食用とされ、主に夏むきのスイーツ(笑)として暑い地方で好まれている。

生態[編集]

タピオカガエル(想像図)

タピオカガエルの生態はよくわかっていない。卵が食用として商業的価値が高くなってからは、タピオカガエルの生息地はタピオカ業者のみの機密事項とされているからである。一説によれば東南アジア某国のジャングルの中の道なき道を数時間歩くと近代的設備の整った巨大なカエル養殖場があるともいわれている。

野生のタピオカガエルは現在ではほとんど見ることができない。

[編集]

色とりどりのタピオカ
一般的なカエルの卵(比較用)

上述のとおり、タピオカガエルの卵は食用とされ、夏向きのスイーツとして好まれている。われわれがよく目にするほかのカエルの卵は中央の黒い部分のまわりを透明または半透明の寒天状の物質が覆っているが、タピオカガエルの場合は、全体が半透明であることが多い。また色や大きさもまちまちである。このことから考えて、タピオカガエルは人為的に品種改良され、いくつかの品種が存在していることが推測される。

通常タピオカとして出回っているタピオカガエルの卵はすべて無精卵であり、それゆえに黒い部分が存在していない。市販されているタピオカからオタマジャクシが孵ることはない(そもそも大部分のタピオカは乾燥状態で流通しているために、どのみち生きた卵ではないわけだが)。

利用法[編集]

  • 紅茶やココナッツミルク、小豆などと合わせて甘い冷たいデザートに。
  • 粉末にし、冷凍うどんのコシを出すために。
  • 煮てペースト状にし、でんぷんのりとして。
  • 粉末にして、タピオカパンの原料として。

タピオカ産地偽装事件[編集]

2002年初夏から秋にかけて社会問題化した、タピオカの産地偽装問題。同事件は、とある企業によってタピオカガエル以外から「偽タピオカ」を採取し、それを「タピオカ」と偽って出荷し不正に利益を上げていた事件。2002年6月、内部告発を契機に警視庁の大規模な操作により、その不正が明らかとなった。 主な方法は、成人男性を1ヶ月から3ヶ月のあいだ禁欲させ、そのXXXXXからXXXXX状のXXXXXを取り出し、それを彼のXXXXXから出たXXXXXと混ぜ合わせることで、あたかも「タピオカ」のようなかたちで商品化する。 禁欲期間が短いと「偽タピオカ」の歯ごたえがよくない一方で、禁欲しすぎるとゼリーの喉ごしがなくなってしまうとのことで、偽タピオカ作りには高度な技術・知識・性欲が要求されるという。

亜種[編集]

タピオカガエルから抽出される卵の他に、日本ではサケ科の魚類、「タピオカ」から取れるタピオカも食されている。タピオカガエルのタピオカより弾力があるのが特徴で、沖縄からハワイ、ブラジルなど広い海域に多く生息している。以前は水からあげたときの青みがかった見た目からサバの仲間と思われていたため発見海域の名前から「キャッサバ」と呼ばれていたが、1993年の解剖によりサケ科であるということが確定した。 また卵は黒く濁った色の受精卵と色が透けていて様々な色のついた無精卵の2種類の卵を産み、イクラと違い弾力があって最近は基本的にその卵がタピオカとよばれている。また、日本では砂糖漬けにされスイーツとして食されている。

関連項目[編集]


この項目「タピオカ」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)