ダイニングメッセージ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダイニングメッセージとは、その場に居なかった人達に何かを気付いてもらうために残されるメッセージのことである。フォークナイフなどの凶器が並んだテーブルの上や、死体を保存するのにちょうど良いサイズの冷蔵庫の扉などに残されることが多い。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ダイニングメッセージ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

よくあるダイニングメッセージ[編集]

ダイニングメッセージは、長い人類史の中で何万回と残されてきている。その中にはダイニングメッセージに特徴的なフレーズというものがある。 ここではその代表的なものを紹介しよう。これらの例が、万が一の際のお役に立てば幸いである。

レンジでチンしてください。[編集]

これを読んで、単純に「レンジでチン」をするのはド素人である。

レンジでチンをすることができる、ということは既に調理済みという意味である。つまり、これは計画的に行われたものである、という事実が浮かび上がってくる。 さらに、レンジでチンをするということは、冷め切ったものを温め直して、あたかも出来立てかのように装うということである。これを知ってしまうと、何か背筋に冷たいものを感じずにはいられないだろう。

ところで、うっかりレンジで生卵をチンすると大爆発が起こってしまうことを果たしてあなたはご存じだろうか。そのような危険を伴う行為を指示するということは、このダイニングメッセージを書いた本人もこの計画に関わっている可能性が高いということである。だがここでチンをしないと、こちらの動きが向こう側に悟られてしまう危険性がある。ここは罠に嵌ったふりをしてレンジでチンをするのが得策であろう。

あり合せのもので、ごめんなさい[編集]

その場にあったもので衝動的にやったというメッセージである。そして今はそのことを後悔しており、悔い改めたいと心から願っているようである。

この文面だけを見ると、ついうっかり許してしまいそうだが、このフレーズがある現場には、無造作にいじくりまわされた痕跡や、見るに堪えない無残な姿に変わり果てたものが、雑然と残されている場合が多い。第一発見者の中には、ショックで食事が喉を通らなくなるものも少なくない。この様なものを「反省しているから」と放置すると第二、第三の犠牲者が生まれかねない。あまりに凄惨な状況のときは、やはり厳しい態度で挑むべきであろう。

○○時には帰ります[編集]

これはつまり「○○時に帰らなかったら『何か良くないことが起こった』と思って行動しなさい」という一種の死亡フラグである。もしも指定された時刻に帰宅しなかった場合、ついつい警察に連絡してしまいがちだが、こういう場合「この事で警察に連絡したら酷い目にあうぞ」という暗黙の了解があるので、警察に頼らずに自力での解決を目指すのが王道である。

冷蔵庫に○○が入っています[編集]

かなり危険なメッセージである。このようなメッセージが残されていた場合、冷蔵庫の中には「常温では保管することのできない何か」が入っている可能性が高い。しかしその「何か」を恐れて冷蔵庫に入れたまま放置しておくと、変質した物体が毒性を帯びることも多いことがわかっている。メッセージ発見後は速やかに冷蔵庫の中を確認し、冷静に対処することが必要である。

お金を置いておきますので、それで何か買って食べて下さい[編集]

何事もお金で解決しようとする、社会に汚されてしまった大人の悲しい末路である。 実際にお金が見つからない場合、メッセージを残したはいいがお金を残していくのは忘れてしまったか、河童に盗まれた可能性がある。

関連項目[編集]