チバリーヒルズ青春白書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

チバリーヒルズ青春白書(-せいしゅんはくしょ)とは、バブル期に千葉県にたてられたかつての高級住宅街チバリーヒルズを舞台にした、若者たちの恋愛や人生に悩む姿を描いた青春群像劇(ドラマ)である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チバリーヒルズ」の項目を執筆しています。

背景[編集]

バブル経済まっただ中の時代、大手不動産会社が千葉市のはずれの方に高級住宅街を作ろうと、宅地を造成し、豪華な家をたて、建て売り住宅として売り出した。どのくらい豪華かというと、一戸あたりの価格は5億とか10億とかするし、プール付きもあたりまえの白亜の豪邸だったのである。しかしバブルの崩壊とともに買い手がつかなくなる。そりゃそーだろ、こんないかにも成り金趣味なバブリーな家、しかも全然便利じゃない場所の家を買おうなんて酔狂な人間がそうそういるわけもない。売り手である大手不動産会社は別荘にするために買う人もいるだろうと目論んでいたらしいが、千葉市内に別荘もって嬉しいか? そんなわけで、大量の売れ残りが出たわけである。その上、既に売れた家の中からも、買い主の羽振りがバブル崩壊とともに悪くなり、ローンが支払えず売りに出される家も続出した。

売れ残った家や一度は売れたものの既に売りに出された家はバブルの負の遺産としてたびたびテレビでも取り上げられ、居住者がゼロになったわけではないにもかかわらず、廃虚ブームに乗って多くのDQNたちを引き付けてしまった。彼等はDQNなので当然、住んでいる人の迷惑など考えずに、空き家に勝手に住み着くなどしてしまう。こうして、元バブル長者である正規住民と、勝手に住み着いたDQNたちとの間に抗争がぼっ発したのである。

あらすじ[編集]

主人公の武はある地方都市の出身だったが、親が畑を売って得た金が一生を遊んで暮らせるくらいの額だったために、一家揃って高級住宅街に住むことを決意する。しかし従来の高級住宅街はシックな建物が多く住民も上品ぶっていてどうも趣味に合わないために、ここチバリーヒルズに居を構えることになった。まもなくバブルが崩壊し、近所の家では夜逃げが続出する。そんな中、武は道を歩いている時、高校生くらいの女の子がみるからに不良っぽい男たちに絡まれ、空き家に連れ込まれそうになるのを目撃する……。
以後、このチバリーヒルズの中では、友人同士がくっつき離れ、またくっつき離れて、メンバー総●兄弟という、まるでER(エンドレス乱交)状態に突入することとなった。何故なら、最寄りの土気駅はあまりにも遠く、タクシーを呼んでもなかなか来てもらえなかったので、必然的にこの町の中だけで暮らす事になったからである。

エピソード[編集]

チバリーヒルズは住民以外立ち入り禁止となっているため、出演者や撮影スタッフ全員が、撮影現場として使われた空き家に住民票を移した。そのため一時はこの家に書類上70名以上が住んでいたことになる。

キャスト[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

高級住宅街


二代.jpg この項目「チバリーヒルズ青春白書」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)