チャタテムシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チャタテムシ」の項目を執筆しています。
一般のチャタテムシ。

チャタテムシ(茶立虫)とは、辞書とかの間から出てくる小さい虫である。また、母親がわがままな子供を脅すときに「絵本の間からチャタテムシが出てくるわよ!」と使われることでも有名である。

生態[編集]

の間に生息し、を食べて暮らす。ちなみにツルツルした紙は食べないのは彼らの礼儀である。

主な害[編集]

本の間に挟まれて死ぬため、本のシミとなりかなり不快である。どうしてこのようなテロ行為を行うのかは今だ不明である。

あと、寝てる間に体を這い、に平気で入る。これは寝ているため気づかないが、想像すると非常に不愉快である。

駆除方法[編集]

こんな小さな虫を駆除できるわけない。諦めて鼻や口に入ってもらうしかない。

発生予防[編集]

こんな小さな虫だから何処からでも入ってくる。やはり諦めて鼻や口に入ってもらうしかない。

関連項目[編集]