チャネリング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャネリング(英:channeling)は地球上に普遍的に存在する物理現象の振動を情報伝達手段とするネットワークアクセスする手段をいう。

チャネル[編集]

地球上には人間が人工的に発射する電波電離層から自然発生する電磁波、地球自身の自転、公転による潮汐力を含む全ての物質が移動する際に発生する重力の揺らぎ、水や空気の振動など、チャネルと呼ばれるそれぞれの物理現象が持つ固有の周波数の振動が存在する。すべての生物はこれらの振動を感知し、自ら振動に情報を乗せることができる。すなわち、地球上にあるすべての生物はチャネルを利用し、一元的に情報を伝達・共有するネットワークシステムを有する。

また、宇宙空間全体でも重力干渉や電磁波、未知のエネルギーの振動をチャネルとして用い、ネットワークシステムを構成する。このネットワークシステムは時間の概念を超越し、過去現在未来における全ての情報を半永久的に生成し続けることができる。人間はこれをアカシックレコードと呼ぶ。

チャネリング[編集]

これらの物理チャネルに同調し、ネットワークにアクセスすることをチャネリングと呼ぶ。通常、チャネリングには、チャネルを感知する器官(アンテナ)、感知した振動に同調し、必要な情報を取り出し、自ら持つ情報を振動に乗せる器官(チューナモジュレータ)チャネルからの情報と意識レベルの情報を相互に変換する器官(デコーダ)が必要である。

人間が持つ生体器官はチャネリングを行うにはあまりにも未熟であり、尚且つチャネルにより伝えられる情報は非常に複雑である。故に大部分の人間がその存在を知覚することができない。しかし無意識下においては断片的な情報のやり取りが常に行われ相互に影響しあう。

チャネラー[編集]

一部の人間には、突然変異自己鍛錬高次知的生命体による改造によりチャネルを感知し、不完全ながら自らこれらのネットワークにアクセスする能力を有する者がいる。これらの人間は天使であり預言者でありシャーマンでありメッセンジャーであり電波男であり変人である。

代表的なチャネラー

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チャネリング」の項目を執筆しています。