チューリップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チューリップ」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「チューリップ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「チューリップ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「チューリップ」の記事を執筆しています。

チューリップとは、かつてオランダを中心として世界的な金融危機を引き起こしたとされる正体不明の金融商材。

チューリップと経済[編集]

チューリップはオランダ黄金時代[1]と呼ばれる1600年代前半にオスマン帝国からもたらされたとされており、ピーク時にはたった一つのチューリップが熟練した職人年収と比較して10倍以上の金額で取引されていた。チューリップは経年劣化が激しく季節を跨ぐと価値を無くしてしまうが、それ故に「素早い売り抜け」を果たせばその利益は凄まじい額となる。チューリップを運ぶ貿易船は一回の往復で400%の利益を上げたと記録が残っており、当時チューリップはオランダにとってジン、ニシン、チーズに次いで4番目に取引高の大きな輸出品となった。

しかしチューリップの価格高騰による経済成長には早晩限界が生じ、オランダ政府による金融調整政策が入ると今まで天井知らずだった価格に上限が付くようになっていった[2]。それにより投資家も利益を確保するための売り抜けが出来なくなって、金融商材としての価値は暴落しチューリップ取引の中心だったオランダの経済は壊滅する事となった。そしてチューリップもまた、歴史の闇に消えていったのである。

考察[編集]

チューリップがどんなものだったかは詳しい記録が残っていない。1630年代において継続的に記録された国際的な金融取引データが存在しないため、チューリップの正体を推定することは困難である。一説に寄るとチューリップには購買意欲を煽る特殊なウイルスが付着していた可能性があり、それが実態経済と解離した「バブル経済」を促進したとも言われている。更にチューリップの価格は現物を実際に見たこともないオランダ国外の投資家らによる先物取引での投機のために跳ね上がった為、国際的な金融取引データだけでなく彼ら海外投資家が記した個人的な手記にも詳しい記述が存在していないのである。

ただチューリップ全盛期には「貴族、市民、農民、商人、漁師、従者、使用人、煙突掃除人や洗濯婦までもがチューリップに手を出した」「オランダ人全てが金の成る木を手にしたようで、皆貧困と永遠に決別出来ると信じて疑わなかった」と記録されており、どうやら当時のオランダ人にとっては誰もが簡単に持ち運べるものであると共に一目で価値が分かるものだったと思われる。しかし余りにも身近になりすぎた為[3]か、当時のオランダ人はチューリップに関する詳しい記録を保存していない。

チューリップについての諸説
チューリップは一種の麻薬であったとの説。現在でもオランダでは大麻が容認されるなど、麻薬については寛容であるし、そもそも1600年代においては麻薬の規制そのものが世界的に存在しなかった。しかしながら、オランダの国民が、麻薬の摂取に夢中になるのではなく、麻薬の投機取引に夢中になったというのは不自然ではないかというのが、この説の難点である。
チューリップは宝石の一種だったという説。ただし宝石であるなら、おそらく富裕層はそれを身につけて着飾ったはずであるが、現在に至るもそのような肖像画が一枚も遺っていないというのが、この説の難点である。
その名が示す通り、オランダはダッチワイフの国である。[要出典]その当時、腕の立つダッチワイフ製作職人がおり、そのあまりの人気から値段が高騰し、投機の対象となったというもの。しかしながら、職人が手作りする人形が、果たして国民のほぼ全員が投機取引するほどの数があったかどうか、万が一それだけの数があったというのなら希少価値は全く無く投機の対象にはならなかったのではないかというのが、この説の難点である。しかしながら、人形ではなく、オナホバイブレーターである可能性も指摘されている。
当時のオランダには、熱烈なるスカトロ愛好者が一部に存在し、それゆえにおしっこやうんこが投機の対象になったというもの。それであるなら、チューリップを飲用・食用としたのが国民のごくごく一部であり、大多数は投機取引に走ったというのも、納得がいく話である。また、このような「恥」と言える事実から、チューリップの正体が現在に至るまで伝わらなかった事も、納得のいく話である。以上により、現在最も有力な説となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 1590年代に神聖ローマ帝国の一領土から成り上がり、世界で最も優れた(当時)経済大国になるまでの期間。一世紀に満たないが歴史上最もオランダが豊かだった時代であり、ここを過ぎると一気に凋落していく。
  2. ^ これにより「借金をしてでもチューリップを買えば、必ず買値より高く売れる」「チューリップの価格は決して下がらない」という大前提が崩れた。
  3. ^ ズンドコベロンチョマクガイバーのように、「知らない人間などいない」「わざわざ伝える意味がない」として済ませてしまう。

関連項目[編集]

この項目「チューリップ」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)