チョコモナカジャンボ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チョコモナカジャンボ」の項目を執筆しています。

チョコモナカジャンボは、森永製菓より販売されている、多くの人に食べてもらえるよう様々な点で配慮がされている、やさしいアイスクリームである。

概要[編集]

アイスクリームに、チョコレート板が挟まっていて、その外側をチョコレートオイルでコーティングし、さらにその外側を小麦粉を含むモナカの皮で包んだ物である。

1972年、チョコモナカとして販売開始(チョコモナカジャンボという名称になったのは、1996年からである)。チョコレートメーカーならではのアイスをテーマに開発された。そのため、チョコレートがその食べやすさから老若男女問わず愛されているように、チョコモナカもまた、老若男女問わずに愛されるように、若い人だけではなく子ども老人、さらには歯などに何かしらの事情があるためにこれまでアイスクリームを食べたくても食べることが出来なかった人も食べられるようにするために(残念ながらアレルギーを持つ人達についてはどうしようも出来なかったが)、様々な配慮がなされた。

アイスをモナカの皮で包む理由[編集]

本製品の目玉はモナカのアイスクリームであることだが、これは様々な人の事情に配慮していった結果であり、そうなったのには主に3つの理由があるからである。

特に道具を用意しなくても食べられるようにするため
通常のアイスクリ-ムは食べる際はスプーンが必要となり、カップアイスでなければ、お皿も必要となってしまう。またテーブルも使うであろう。つまり複数の食器を使うことになり、食器を洗うのがおっくうな人や食器やテーブルを買うほどの生活の余裕のない人は手を出しにくくなってしまう。また、外出先(とくにテーブルなどの置く場所がないところ)で食べることは至難の業であるため、仕事で忙しい人も手が出しにくい。そこでそうした人々に配慮して、アイスクリームをモナカで包むことでスプーンや皿を使わずとも食べれるようにし、また,その結果として場所を気にせずどこでもアイスクリームを食べられるようにもなった。
舌の感覚が麻痺しないようにするため
アイスクリームは美味しいものの、当然のことながらかなり冷えているので食べ続けているとの感覚が麻痺してしまい、アイスクリームの味が楽しめなくなるばかりか、その後別のものを食べる際もその食べ物の味も分からなくなってしまう、と言う恐ろしい点がある。そこでレストランや喫茶店ではアイスクリームにウエハースが添えられており、アイスクリームを食べつつ、適度な間隔でウエハースを食べることで舌の麻痺をある程度防ぐようになっているが、人によってはウエハースだけを先に食べてしまい、アイスクリームにウエハースが添えられている意味が無くなってしまう事がしばしばある。そこでチョコモナカジャンボは、ウエハースに近い感じで仕上げたモナカの皮でアイスクリームを包むことで、常にアイスクリームを食べつつ適度な間隔でウエハースを食べている状態になって、舌の感覚の麻痺を防いでいるので、舌にやさしく、無限にアイスクリームのおいしさを楽しめるようになっている。
や腸を刺激しないようにするため
冷たいものを食べると、腹痛下痢を起こすことがある。これは、消化の働きに大きく関わっている消化酵素には適度な温度があり、冷たいものが急に胃や腸に入ると、体内の温度が低下してしまい、結果消化酵素の動きが急激に弱まってしまうからである。また、冷たいものが刺激となって、腸のぜんどう運動が活発化してしまうからでもある。そうならないよう、冷たいものをいきなり摂取しないようにすることが望ましいのだが、アイスクリームの場合はそれは困難なことである(上であげたウエハースには、胃をならす目的もあると言われることもある)。そこでチョコモナカジャンボは、アイスクリームをモナカで包むことで、アイスクリームの冷たさが直接胃や腸に伝わらないようにし、通常のアイスクリームよりも刺激を減らしているため、結果、胃や腸にやさしいアイスクリームとなっている。

その他の配慮[編集]

チョコモナカジャンボとあるように、モナカのアイスクリームであるが、通常のモナカの皮は餅だけで出来ているのに対し、この製品の皮には小麦粉が含まれている。これはだけで皮を作ってしまうと、喉を詰まらせやすくなってしまい、子ども高齢者が食べづらくなってしまうため、そうした人々も食べやすいように、小麦粉を含ませて作ることにより購入直後は「パリパリ」と軽い食感に、購入後しばらくたった後は柔らかい食感、というようにするためである。また、しばらく口に含ませていると、皮がふやけ、中のチョコレート板も溶けて柔らかい食感になるため、歯が丈夫な人だけではなく、歯が弱い人も食べやすいようになっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]