チーズイム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は、en:Cheesiumから翻訳されたものです。
チーズイム(Cheesium)
一般特性
名称, 記号, 番号 チーズイム, Ch, ?
分類 Active Cheeses
族, 周期 2, ?
密度 1.85 g/cm3
無色
原子特性
原子量 9.012182 amu
原子半径 112 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「チーズイム」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チーズ」の項目を執筆しています。
チーズイム

チーズイム(Cheesium)は元素番号不明のネオ元素である。ネオ元素記号はCh。名前はチーズに由来する。

データ[編集]

融点68℃、沸点240℃のネオ元素。番号は不明だが2族元素で「Active Cheeses」というグループに属することが分かっている。

概要[編集]

主に乳製品を構成している元素。チーズの中から発見された。チーズの主成分であり、チーズのほとんどはこの元素からできている。また、チーズの材料である牛乳にもこの元素が含まれているとされている。

この元素は単体で食べることが可能である。これは他のほとんどの元素には無い特徴であり、単体で食べることが可能なネオ元素は酵素ゼラニウム味素さしすせ素サラミウムそしてこのチーズイムの6つのみである。

特徴[編集]

画像を見ると分かるように原子核そのものがチーズで出来ており、その周りを4つの三角形のチーズが回っている。原子核は茶色いチーズとクリーム色のチーズの二種類のチーズが混ざってできている。4つの三角形のチーズは中心にあるチーズで出来た原子核よりも小さい。

原子核は通常、陽子と中性子で出来ており、その周りを電子が回っている[1][2]。しかし、この元素は陽子と中性子、電子では出来ておらず、チーズで出来ている。そのため、そもそも元素なのかも謎である。

利用[編集]

さまざまなチーズの原料に利用されている。化合するネオ元素の種類や数を変えることにより多種多様なチーズになる。なお、チーズイム自体もチーズであるため、チーズイム単体でできているチーズもある。

チーズイムから作られる物質[編集]

チーズ

脚注[編集]

  1. ^ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90
  2. ^ ただし正確には原子核の周りに電子の確率の雲(電子雲)があり、そのどこかに電子が存在する。

関連項目[編集]


この項目「チーズイム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)