チーズ祭り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

チーズ祭り(-まつり)とは、スイスで毎年11月1日に行われる伝統的な行事である。

概要[編集]

スイスではこの時期に天から粉チーズが降り積もる。それを諸外国に食用チーズの原料として輸出することがスイスの主な産業であるが、これはかつて国家機密であった。

その機密をカモフラージュするために行われていたこの祭りでは、降り積もったチーズを丸め固めた「チーズ玉」を山の頂上から転がし、雪だるまの要領で巨大化させ、ふもとに着いた時のチーズ玉の大きさによって翌年の収穫を占うとともに、天からの恵みに感謝をする、ということが行われていた。

チーズ玉を追う者もいて、追う者も転がってチーズ玉になってしまう事も多々あった。そうなると全身チーズ臭くなり、もう乳製品はしばらく勘弁という気分になる。もれなくお肌がスベスベになってしまうが、あまりに危険なので最近は追う者は少ない。

と、言うとでも思ったかい? 現在エクストリームスポーツという超危険運動の世界的普及に伴い、スリルを求める若者の間では、チーズ玉は追わなければならないという概念が復活し始めている。いや、スイス人の魂が、チーズ玉を追い求めているのだ。古びた伝統はアルプス山脈に葬られたはずだった。だが、さながらアルプスの谷底から復活せしハイジが如く、伝統という本能は山脈を通じて人々の心にしがみついている。

なお、この日までに十分な量のチーズが降らなかった場合、降チーズを祈願する「チーズ乞い」の儀式が行われる。

問題点[編集]

毎年、チーズ玉に巻き込まれる見物客が出る。降チーズが少なくチーズ玉があまり大きくない年には、巻き込まれた見物客を救出するのも容易であるが、豪チーズの年には巨大化したチーズ玉にすっかり飲み込まれてしまい気付かれないままになってしまう見物客が出ることも稀ではない。そうなると野獣どもに肉入りチーズおむすびと認知されてしまう危険もある。

関連項目[編集]

Olize.jpg このチーズ祭りは、まだかもされてないぞー!!かもしてかもしてかもしてかもしてかもしまくれー!!! (Portal:スタブ)