ツジモト・タロウ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ツジモト・タロウ」の項目を執筆しています。

ツジモト・タロウ日本アイスホッケー選手。ポジションはセンター日本人で初めてNHLにドラフト指名された。

来歴[編集]

日本人の両親のもとアメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー地域で生まれる。アメリカでアイスホッケーを始めたが、日本のアイスホッケー関係者に勧誘され、日本アイスホッケーリーグ、東京カタナズに入団する。東京カタナズでは中心選手として活躍し、数多くのタイトルとともに優勝に貢献。リーグを代表するスター選手として不動の地位を固めることとなった。

そして、その名声は彼の生まれたアメリカにも広まっており、バッファロー・セイバーズゼネラルディレクターであるパンチ・イムラックの命を受け日本をチェックしていたポール・ウィーランドの目に留まることとなった。ツジモトは1974年のNHLドラフトにおいてセイバーズから第11巡目で指名された。

こうして念願のNHLのリンクを踏めるかと思われたツジモトだったが、東洋の黄色い猿によりリーグのタイトルを恣にされることを恐れたNHLによりツジモトの指名は無効なものとされてしまい、彼のNHLへの挑戦は不可能になってしまう。その後もカタナズでNHLでのプレーが許される日を待ち続けたが、結局、引退まで彼がNHLの地を踏むことはなかった。[1]

評価[編集]

NHLからの指名でもわかるとおり、日本アイスホッケーリーグの歴史の中でも傑出した選手であり、当時の多くのタイトルを獲得している。しかし、彼の引退に伴う東京カタナズの不振ととそれにまつわるの財政難による解散によって、彼についての資料のほとんどが残されておらず、そのため幻のプレイヤーとなっている。

さらにツジモトを入団させることができなかったことに対するセイバースファンの落胆は大きく、ドラフト指名から数年の間はホームで敵チームのワンサイドゲームになるたびに“We Want Taro”のチャントを唱え、ツジモトを渇望した。そのためか、指名を無効とされた現在もツジモトの名はセイバーズドラフト指名選手一覧に残されている。

脚注[編集]

  1. ^ 正式とされる日本人の NHLへの指名は1992年の三浦浩幸まで待つことになる。

関連項目[編集]

  • 三浦浩幸 - ツジモトの指名が無効とされたため、現在日本人初のドラフト指名選手とされている人物。
  • 福藤豊 - 日本人で初めてNHLでプレイした選手。
  • バッファロー・セイバーズ - ツジモトをドラフト指名したチーム。


ExSport.png この項目「ツジモト・タロウ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)