デタージェンティウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デタージェンティウム(Detergentium)
一般特性
名称, 記号, 番号 デタージェンティウム, De, 76
分類 ネオ金属類
族, 周期 8, 6
密度 22.587 g/cm3
無色または白
原子特性
原子量 190.23 amu
原子半径 135 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「デタージェンティウム」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「界面活性剤」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「洗剤」の項目を執筆しています。
デタージェンティウムはシャボン液にも含まれている。

デタージェンティウム: Detergentium)は、元素番号76番のネオ元素である。ネオ元素記号はDe。名前は英語で「洗剤」の意の「Detergent」に由来する。

概要[編集]

デタージェンティウムは洗浄成分の元となる元素である。親水性および親油性があり、タンパク質、脂質、糖質などの汚れを分解する作用がある。また、殺菌作用があり、細菌などの微生物を死滅させることができる。

特性として、空気を含むと泡立つ性質がある。これは、デタージェンティウムが多く含まれている洗剤、石鹸など様々な所で見受けられる。

また、石鹸や洗剤などの香りはデタージェンティウムが元になっている。

デタージェンティウムが多く含まれている物質[編集]

界面活性剤はデタージェンティウムを主成分としている。界面活性剤の作用はデタージェンティウムの親水性および親油性の作用を利用している。

利用[編集]

石鹸や洗剤などに多く含まれている。デタージェンティウムの原液が皮膚につくと炎症を起こすことがあるため、で薄められている(というか、水に少しデタージェンティウムを加えた程度になっている)ことが多い。

洗剤は前述の界面活性剤を主成分としており[1]、界面活性剤の作用を上手く利用した製品である。ただし、実際には界面活性剤は3割ほどであり、残りの7割ほどは水である[2]
石鹸はデタージェンティウムを固形化した物で、デタージェンティウムの「親水性および親油性」と「殺菌作用」の2つの性質を上手く利用した物である。を洗う際など様々な所で利用されている。
および頭皮を洗浄する際に用いられる。デタージェンティウム「親水性および親油性」の性質が油脂を分解し、「殺菌作用」の性質で菌を殺菌する。これらのことにより、髪及び頭皮を清潔に保つことが可能である。
歯磨き粉にもデタージェンティウムが多く含まれている。そのため、を磨く際、口の中で泡立つ。
シャボン玉を作るための液。97%が水で、それに加えデタージェンティウムからできている界面活性剤、ヴィスカシティウムからできている増粘剤からできている[3]

これらの事以外にもデタージェンティウムの性質を利用した物がある。親水性および親油性の性質を利用した物には、水と油のような混ざらない物を混ぜる役割の乳化剤[4]などがある。この乳化剤は主にケーキ、チョコレート、アイスクリーム、マーガリン、ショートニング、豆腐、パンなどの食品に使用されている[5]

紙や衣服などの製造工程にも多用されている[5]。化粧クリーム(水分・油分が主成分)にも使用されている[6]。これらの事以外にもデタージェンティウムは様々な所で利用されている。

このようにデタージェンティウムは様々な所で利用されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]


この項目「デタージェンティウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)