デハビランド シービクセン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デハビランド シービクセンは大英帝国海軍の艦上戦闘機である。全天候能力を持つが、レーダーは搭載していない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デハビランド シービクセン」の項目を執筆しています。

概要[編集]

本機は手押し車から発展したものであるとされるが、本機から発展したのが手押し車とも言える。

前史[編集]

デハビランド社の技術者は第二次世界大戦末期に、ある双尾のと出会った。

その頃のデハビランド社はドイツ向けの援助物資として蚊の湧いたホダ木を大量に生産していたが、戦争の終結が間近に迫っており戦後の需要縮小に頭を悩ませていた。さりとて新型戦闘機を開発しようにもアイデアが全く浮かばない状態であった。新方式のジェットエンジンが登場してはいたがこれをどう使えばいいのか見当が付かなかったのである。

狐はその技術者に「毎日フィッシュアンドチップスを食べさせてくれるなら新型戦闘機に化けてやる」と話を持ちかけた。それに乗ったデハビランド社は仕様を纏め上げ、デハビランド バンパイアとしてまんまと空軍のジェット戦闘機計画に採用されたのである。

機体[編集]

全体のレイアウトはバンパイアの頃と変わらず、2本の尻尾を尾翼として広げる双胴配置である。飛行速度が上がって右耳が風圧に耐えられなかったので、風防およびキャノピーは左側に偏っている。各所の形が飛行中に受ける風圧で化けの皮が剥がれないようにするため、バンパイアに比べると狐本来の形に近付いている。具体的には尖った鼻先とかである。搭載エンジンはロールス・ロイス社製の「エイヴォン」というものだがこれは狐が化ける時に「えい」と掛け声をかけてボンと変身するからである。

なお本機は夜間戦闘や雲中飛行も可能な全天候能力を持つがレーダーは搭載せず、狐の神通力で周囲の状況を認識する。そのためレーダー員が不要なのであるが、名目上はレーダー員も搭乗することになっている。これは搭乗員の給料の差額で狐にフィッシュアンドチップスを振舞うための措置である。

武装[編集]

本機はバンパイアの頃と違って機関銃の類を固定装備しない。狐が次第に我侭になっていき、狐狩りを連想させる鉄砲の類を嫌ったためである。そのため対航空機用の武装はミサイルのみである。搭載ミサイルは「ファイヤーストリーク」という名前で、邪な意思が窺える。

その他の武装として爆弾等を搭載するが、オプションとして馬糞を大量にばら撒く事も可能である。

事故とその影響[編集]

1952年のファーンボロ航空ショーで飛行中に尻尾の毛が抜けて墜落、29人の死者を出した。事故を調査した空軍担当者は新型戦闘機が狐の化けた姿だったことに腹を立て、狐に投槍を投げて突き刺し皮を引ん剥こうとした。しかし狐が海軍の担当者を化かして取り入ったため、海軍は本機が一定の性能を持っているのをいい事にに満足して艦上戦闘機の座に就かせる事となった。本機は主として中東やアフリカで運用されたが、乾燥地帯なので狐の生態に合致している。海軍が狐に化かされていた事が窺える運用であった。


執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
デハビランド シービクセン」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)