デルス・アザーラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アザーラ.gif アザーラ2.gif

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「デルス・アザーラ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デルス・ウザーラ」の項目を執筆しています。

デルス・アザーラ(Дерсу Азала)(生年不詳~B.C65000000)は白亜紀末期の専制君主。人間をも凌駕する高度な知能とサイコキネシスなどの超能力、生まれながらに兼ね揃えた覇者の風格とカリスマを以って、生態系の頂点に君臨し、全ての恐竜爬虫類人達から崇拝された帝王である。滅びの未来に抗い続けた悲劇の帝王として判官贔屓を受けているが、我々人間からは哺乳類を窮地に追いやった不倶戴天の敵と見做されている。

生涯[編集]

生年、出自などの詳細は一切が不明だが、我々人間の記録が書き残す限りでは、白亜紀末期にはローラシア大陸の中央に巨大な要塞「ティラン城」を構え、その傘下には億単位を越える恐竜人の兵士を抱え、恐竜型戦闘ロボット「ブラックティラノ」など、数々の大量破壊兵器などを保有していた。

記録によれば、6500万年前、アザーラは長年対立するヒトら哺乳類の勢力を滅ぼし、恐竜人の手で地球を統治する大望を抱いていたが、人間達との戦いに敗れ死亡したと言われる。しかしアザーラ、ひいては恐竜人の帝国に止めを与えたのは人間ではなく、星に無数に降り注いだ流星群、とりわけその中の一つ「赤い星」であったと伝えられている。アザーラは以前からこの赤い星の存在を察知しており、何らかの対抗策を講じていたと推察される。あるいはアザーラが人間達との最終決戦で用いた恐竜型戦闘ロボット「ブラックティラノ」の本来の用途は赤い星を破壊するためのものであったかもしれない。

その最期は人間側の記録でも立派であったと伝える。人間の一人がアザーラを助け出そうとするが、アザーラは「大地の掟に従い」これを拒み、ティラン城と運命を共にした。ブラックティラノに続く大量破壊兵器「ルストティラノ」の開発に着手していたようだが、滅びの時までに間に合う事はなかった。

恐竜人[編集]

アザーラは恐竜の中でも知能が進化した、人間に近い恐竜人とも呼ぶべきデミ・ヒューマン(亜人)の一種である。彼らは敏捷な動きからディノニクス系統の小型肉食恐竜が進化したものと考えられるが、パキケファロサウルスのような広く堅い前頭部を持ち、彼らがどのように進化してきたのかは未だ謎が多い。

人物[編集]

尊大にして勇壮、言動や所作にも王者の威厳を漂わせ、ニズベールなどの屈強な恐竜達を平伏させるカリスマ性を持つ。サンタナやバオバオなど、恐竜達と犬猿の中である哺乳類でありながら彼の傘下に加わる種族も多く、アザーラもそれを許す寛容さを兼ね揃えている。またサイコキネシスや瞬間移動などの超能力を使いこなし、他の恐竜人とは比べ物にならないほどの博識、老獪ぶりを見せる。何故、彼一人が超能力や叡智を身に備えていたかは未だ不明である。

映画[編集]

1975年、黒澤明監督によりソ連と日本による合同製作で映画化された。大人数なエキストラ(多くに恐竜人の着ぐるみを着せた)を使い、シベリアの広大な沃野で大規模なロケを行った。黒澤監督は、アザーラは赤い星による自分達の滅亡が不可避であると悟りつつも、己の矜持の為、種族の誇りの為人間との決戦に臨んだという解釈を加えてアザーラを描いた。

この映画は高く評価されたが、一方で人類の敵であるアザーラを主役として描いた事に対する批判の声も多く上がった。

アザーラの謎[編集]

Nemurineko.jpg
この謎を解こうとした人は冬眠してしまいました。
あとは適当に頑張ってください。(Portal:スタブ)