トッポ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、ロッテのお菓子について記述しているばい! 三菱自動車工業の軽自動車につ・い・て・は「三菱・トッポ」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トッポ (菓子)」の項目を執筆しています。

トッポとは、ロッテが発売しているお菓子の一つ。

概要[編集]

プレッツェルにチョコレートをコーティングしたお菓子は、すでに江崎グリコポッキーが先行しているどころか、その模造品が次々と生産された。ロッテもそのようなお菓子を開発しようとしたが、二番煎じが避けられないのは言うまでも無く悩んでいた。

そこで、プレッツェルの中心に穴を開けてその中にチョコレートを流し込もうと企んだのであった。これにはポッキーにはない利点がある。ポッキーはプレッツェルの5/6から4/5ほどをチョコレートに塗られているが、トッポは完全に中に閉じ込めるので手が汚れにくいのである。また、夏場にチョコレートが解けてすべてくっついてしまう心配も無いし、袋を逆に開けて手を汚す可能性も少ない。しかし、実際にはロッテがポッキーへの対抗に火を燃やしすぎて両端からチョコレートがはみ出しているので、万が一夏場に解けたらそこからくっついてしまう。

CM[編集]

ポッキーほどの個性は無いが、「やっぱこれだね~ロッテのトッポ」というキャッチフレーズはあまりにも有名である。だって、細いプレッツェルに穴をあけようなんて考えるのはロッテだけですからねぇ。しかし、韓国語のCMを打ったりするなど若干不評である。

価格[編集]

基本的にポッキーと同じか少し高い値がつけられている。穴を開けるのにコストが掛かるらしい。また、新幹線でも売られているがはっきり言ってボッタクリである当局では、駅の売店で購入することをお勧めする。

なかったこと[編集]

トッポ誕生前、ダウンタウンのCMで同じようなお菓子がロッテから発売されていた。カレー味とピザ味があったらしいがなかったことにされている。

関連事項[編集]