トラウデン直美

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トラウデン直美(トラウデン なおみ、1999年〈平成11年〉4月21日 - )は、日本ファッションモデルおよびタレント環境に配慮する人生を送っているのが特徴。

略歴[編集]

13歳で雑誌『CanCam』の最年少専属モデルとしてデビュー。モデルの傍ら学業でも中学時代はオール5、高校時代も評定平均4.0以上をキープするなど才色兼備の学生時代を過ごす。その傍ら環境問題に強い関心を持つようになり、「常に環境に配慮しなければ人類は滅亡してしまう」と危機感を抱き始め、環境に配慮した人生を送り始めるようになる。

環境に配慮する人生を送るための第一歩として、まずはゴミを減らせるように常にマイバッグや、マイやマイスプーンなどをセットにしたマイカトラリーなどを持ち歩くようになる。また買い物や仕事や趣味の面でも対象が環境に配慮したものであるかを第一に考えるようになり、「環境に配慮した人生」を自然に送ることが出来るように努めている。

高校在学中まではモデル以外の仕事は控えてきたが、2018年に慶応義塾大学に進学し東京に進出してからは芸能活動を本格化。ニュース番組やバラエティ番組にも多く出演するようになり、大学生との二足の草鞋を履く生活を送っている。

環境に配慮した人生[編集]

トラウデンは買い物をする時に必ず「環境に配慮した商品ですか?」と店員に聞くようにしているなど、常に環境への配慮を怠らないが、それは仕事・趣味・恋愛など、人生のあらゆる局面においても同様である。

環境に配慮した仕事[編集]

2018年4月から日本テレビ系列『Going!Sports&News』でお天気キャスターを務めるようになった。これは環境問題が最も分かりやすく表れるのが気温上昇などの天候の変化であり、毎日の天気予報に目を通すことで環境問題の深刻度を常に監視できるために選んだ仕事である。ただしその仕事は翌2019年3月で満了となってしまい、天気予報を通じた環境問題の監視は短期間で終わってしまった。

また、大学進学後の仕事は上述のニュース番組など首都圏内における在京キー局の番組が中心であり、たまにバラエティー生活笑百科など関西で収録する番組に低頻度で出向くこともあるが、首都圏から出て仕事をすることは少ない。これは移動距離を抑えることで電気ガソリンの消費を抑えるという「環境に配慮した」仕事のポリシーによるものである。

環境に配慮した趣味・特技[編集]

趣味は散歩、人間観察、天文観察、体操。いずれも電気やガソリンなどの人工エネルギーを一切使わない環境に配慮した趣味であり、趣味においても環境への配慮が第一であることが伺える。ドライブ旅行などの環境負荷がかかる趣味は完全にシャットアウトしており、ゴルフスキースノーボードなど、会場を作るために多大な環境負荷をかけるようなスポーツにも一切興味がない。

2021年、新たな趣味として農業を始めた。東京から程遠い千葉県の土地に毎日通うと環境に影響するため、月に数回だけ通い作物を収穫する様子などをブログで紹介している。その他の草取り等のメンテナンスは全て知人に任せるという画期的な農法を駆使している。

一方で乗馬が出来る。小学生の頃から馬術に親しんでおり、障害馬術やクロスカントリーにも取り組んでいる。ガソリンや電気を使い環境に負荷をかける自動車ではなく、昔ながらの「」を駆使することで、環境に配慮した特技とはこういうことだ、ということをアピールしている。

環境に配慮した恋愛[編集]

仕事、趣味だけでなく、人間関係も環境への配慮を第一としている。

2021年6月にジャニーズアイドルグループHey!Say!JUMPのメンバー知念侑李との熱愛が報道された。知念との交際のきっかけは2人とも体操好きであったことと、基本的にインドア派であるという2つの共通点があったことと言われているが、それ以上に知念の体格が「身長159cm・体重50kg」とかなりの低身長・低体重であることがトラウデンにとっての決め手となった。

日本人の20代男性の平均体重70kgと比べて20kgも少ない知念は、生きるために必要となるカロリーも少ない。同じく20代男性の1日あたり必要カロリーは「体重(kg)×35kcal」とされており、これを基に計算すると、知念に必要なカロリーは、20代男性の平均と比べて1日あたり(70kg-50kg)×35kcal=700kcal、1年に換算すると700kcal×365日=255,500kcalも少なくて済む。これは(3.56kcal/g)に換算すると年間73kg、牛肉(サーロイン、2.98kcal/g)で換算すると年間86kgも消費量を減らせることになる。食料消費量が少ないということは、当然その分「環境負荷が低い男」ということである。また身長も低いので、外出しても道行く先にある草木への日照の妨げになる範囲が少ない。

つまりトラウデンは低身長で体重が軽く環境負荷が低い知念と交際することで環境に配慮した恋愛が実現したのである。令和の時代に女性から求められている「普通の男」の条件に「身長170cm以上」というものがあるが、それより10cm以上低い知念を選んだことで、環境に配慮した恋愛はこうなんだということをトラウデンは世に示したのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トラウデン直美」の項目を執筆しています。
  • 環境
  • hyde - 知念侑李と同様、環境負荷が低い芸能人。あと20歳若ければトラウデン直美を知念と奪い合った可能性が高い。