トレンディエンジェル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トレンディエンジェルとは一般人と見分けるのが大変な中年男性コンビのことである。

一般人と見分けるポイント[編集]

彼らと一般人を見分けるポイントを以下に列挙する。

  1. ハゲている。
    同年代の男性たちと比べて明らかに毛量が少ないため判別に活用できる観点である。ただし少子高齢化の進む日本ではハゲが急速に増加しているため、他のハゲと見分けるポイントについては後述する。
  2. 二人一組で行動している。
    夫婦が二人一組で行動するのは決して珍しいことではないが、中年男性が二人一組で行動するのは刑事ドラマもしくは新宿二丁目以外ではありえないため、こちらも判別に活用できる観点である。
  3. テレビだと片方は滅多に姿を見せないが、ごく稀に水曜日の午後10時代に出没する。
    そもそも一般人がテレビに出る時間帯は完全にランダムである。頻度が低くても出現する時間帯が固定されているならば、芸能人かどうかはともかく明らかに一般人ではないと言えるだろう。
  4. もう片方はスーツを前に広げて自らの名前を連呼しがちである。
    他人の名前を連呼するならともかく、自分の名前を連呼するのは自問自答自己紹介以外では考えづらい。また大の大人がスーツを着て自問自答する場面も職場以外では不自然である。このような消去法を行うことで、「スーツを前に広げて自らの名前を連呼する者=トレンディエンジェル」となるのである。
  5. 前世はフランシスコ・ザビエルである。
    聖職者ですらまとまな前世を送っていない中、このような聖人を前世として持てるのは特筆すべき点である。霊感のある人間ならこの観点を使う方が素早く判別できるだろう。

一般のハゲと見分けるポイント[編集]

頭皮
照明技術が発達した現代において、ハゲは話題作りやその場を盛り上げるのに活用できる強力な武器である。それ故に自ら脱毛サロンに行ったり出家したりする者が後を絶たない。各社がシェーバーの開発でしのぎを削り、スキンヘッド専用の剃刀まで販売されているのは、ハゲに対して需要があることを示す証左である。そんな中、トレンディエンジェルはハゲるための努力をしたことがない。その証拠として、彼らのには剃刀の跡が全く残っていない。もしトレンディエンジェルかもしれない二人組と遭遇したら、必ず頭皮に跡がないかを入念に虫眼鏡で確認しよう。
帽子などの有無
自らハゲることを選ぶ者がいる一方で、ハゲていることを後ろめたく感じ、帽子や植毛で隠す者も多いだろう。それとは対照的にトレンディエンジェルはハゲたことを幸運だと捉えているため、ハゲていることを隠すような姑息な真似は決してしない。なおこの観点に頼りすぎると、僧侶に擬態したトレンディエンジェルを検知できなくなる恐れがあるので注意してほしい。
頭部の光度など
ハゲを帽子などで分かりやすく隠す者もいる一方で、目立たせないようにして自然体を装う者もいる。例えば関西には「ハゲてるやないか」という決まり文句があるが、それはハゲを目立たせないようにしているからこそ成立するのである。所変わってトレンディエンジェルはハゲるための努力をしないものの、ハゲを強調すべく香水などのスキンケアによって頭部の光度を上げている。もしも頭部が輝いていて、そこからいい香りを感じたのであれば、トレンディエンジェルである可能性を疑うべきだろう。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トレンディエンジェル」の項目を執筆しています。
Hito.png この項目「トレンディエンジェル」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)