ドイツ料理

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドイツ料理」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ドイツ料理」の記事を執筆しています。

ドイツ料理(-りょうり)とは、ビールを美味く呑む為だけに産まれた料理である。

概要[編集]

ヨーロッパ北部においては事情が伝統的に悪い[要出典]ことから、ワインをはじめとするアルコール類を飲用水代わりにする文化が根付いている。ことドイツにおいてはビールが国民的飲料となっており、紀元前1800年頃の遺跡からもビール醸造の痕跡が出てくる程である。現代でもアメリカ日本で主流となっている350mlないしそれより少ない量の缶ビールは殆ど売られておらず500ml以上の瓶ビールをラッパ呑みするのが普通[1]であり、またビールの製造に関して非常に酷しく原料を規定する法律[2]がある事からも、ドイツ人のビールに関する情熱の強さが伺えるだろう。

そのためドイツにおける「料理」とは、一にも二にもビールとの相性が重視される。ビールに合わないものは、酒が呑めない子供や観光客向けに少数あるだけで殆どがビールのアテである。第二次世界大戦ナチスは経済改善策としてアイントプフ(質素な野菜スープ)を日曜日のご馳走[3]の代わりとし浮いた食費を寄付させる法律を作ったものの、この野菜スープがビールに合わない上見た目が貧相すぎて盛り下がると不評であり、この不満が市民の間で反ナチスの激情に代わっていったともされている。ビールに合うご馳走、これこそがドイツ人のなのである。

ドイツ料理の傾向[編集]

ドイツ料理といえばまずはジャガイモで、ドイツのはジャガイモでフルコースが作れなければお嫁に行けないとまで言われている[要出典]。揚げる煮る焼く削って詰める、等々様々な形でジャガイモを使い尽くす。また野菜を酢漬けにするのも好まれ、ザワークラウトやピクルスなどを小皿で提供しチビチビ摘まむ事も多い。ブルスト(ソーセージ)やハックステーキ(ハンバーグ)も有名だが、ドイツではコショウがしっかり効いた強めの味付けが主流。これは勿論、その方がビールに合うからである。濃い味付けの肉や魚を頬張り、一気にビールで流し込むダイナミックさが好まれる。

ヨーロッパ文化圏ではあまり見ない特徴として、獣肉の生食が行われる。日本で馬刺やユッケが「嗜好品の極み」として呑兵衛に愛されるように、生の牛肉を叩いたタルタルステーキや生の豚挽き肉を使ったメット等が年期の入った中年ドイツ人に愛されている。アルコールによる殺菌効果と共に発酵飲料としてビールが持つ健康増進作用により、生で獣肉を食べても体調を崩したりはしないのである[4]

菓子類はビールの〆として供されるので、ドスンと来る甘味の強いものとなっている。ドライフルーツをふんだんに使ったシュトレンや層を作って焼き上げるバームクーヘンが有名だが、焼き栗やプレッツェルのようにシンプルなお菓子も多い。なんにせよ見た目の豪華さよりも酒の〆としての存在感が重視されるのが特徴である。

脚注[編集]

  1. ^ まただけでなく、樽から直で行く呑み助も少なくない。
  2. ^ 1600年代に制定された「ビール純粋令」。大麦・ホップ・水以外を使ってビールを作成した場合、一族郎党に渡って罰せられる。日本の「発泡酒」「第三のビール」のように法の隙間を突いた「ビール風アルコール飲料」は許されない。
  3. ^ ドイツでは冬の辛さを紛らわせる目的で、10月から3月まで日曜日だけはご馳走を食べて英気を養う文化がある。
  4. ^ 無論ビールあってのことであり、単独で食べれば食あたりに繋がる。日本でも獣肉の生食は酒による殺菌が欠かせないとされてきたが、2011年に焼き肉店でユッケを食べたグループが集団食中毒を起こす事件が起きて以降は「酒が入っていても生肉は危険」と見なされている。

関連項目[編集]

酒乱幼児.jpg この項目「ドイツ料理」は、まだまだ執筆者が酔っていないので、ハメをはずしきれていませんどんどん呑んで、中川大臣の待つバッカスのお膝元にこの項目を飛び立たせてください。 (Portal:スタブ)