ドラゴンカーセックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ドラゴンカーセックス」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ドラゴンカーセックス」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ドラゴンカーセックス」の記事を執筆しています。

ドラゴンカーセックスとはの雄に見られる性的倒錯である。

概要[編集]

ドラゴンに欲情し、性行為を行う。今までこれらを描いたイラストなど何の需要もないと思われていたが、ドラゴンに欲情する人間たちやに欲情する人に需要があったようだ。

全ての始まり[編集]

Dj2Di kU0AAY5H1.jpg

欧米をはじめとした海外では犯罪率の増加を目的として、性表現萌え文化など表現の自由の弾圧が人権無視して強引に進められている。 コンビニではR-18雑誌の扱いが禁止され、日本のアニメや未成年に見えるイラストはことごとく禁止。女性の裸のイラストを所持していただけで逮捕されるというケースもあった。

その計画は見事人口削減に役立ち、人類を自滅の一途へと確実に進めることとなった。

しかし、それは人類だけでなくその他の動物たちやドラゴンの生活、もとい性活にも影響を及ぼしていた。

動物たちは弾圧派の人間に報復するために、性行為性表現に対しておおらかな姿勢をとっている。しかし、それでも弾圧を続ける人類に対し、竜の中に人類の主要な移動手段である車を強姦することで報復をする者が現れた。

しかし、それで快楽を味わったが依存症になるケースが続出。そのうちそのものに欲情するようになり、異常性癖となった。

利点[編集]

欠点[編集]

  • 中毒化し、そのまま性的倒錯を起こし、子孫を残すことに影響が出る。
  • が原因となり事故を起こす可能性がある。

日本での扱い[編集]

我が国、日本では性表現などの弾圧がまだそこまで過激に行われていない。そのため、動物からは「最後の楽園」とされている。 しかし、安心してはいけない。人類滅亡を目論む悪の手先は日本にも存在するからだ。今現在、徐々にアニメ漫画などからその手を伸ばし始めている。

関連項目[編集]

  • 異常性癖
  • ドラゴン :最初にこのページを作った奴 「竜、ドラゴン、はあはあハアハアくんかくんか...」
  • :名もない車好き「車、デュフフ...」
  • セックス:カミーユ「セックス!!ドラゴンだろうと車だろうといきなりセックスさせてやる...!」
  • マスターベーション