ナショナルFF式石油暖房機

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ナショナルFF式石油暖房機(なしょなるえふえふしきせきゆだんぼうき)は、松下電器産業株式会社(本社:大阪市)の全社員が血眼になって探している1990年頃に製造されたファンヒーターのモデル。別にFinal Fantasyとは関係ない。

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ナショナルFF式石油暖房機」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

概要[編集]

同社の説明では、このモデルには欠陥があり、一酸化炭素中毒を引き起こす恐れがあるため点検・回収を呼びかけているとされているが、これは表向きの理由であり、本当の理由が他にあると言われている。

これに関して、松下グループ全社員には厳重な箝口令が敷かれており、容易に「本当の理由」をうかがい知ることはできないが、派遣社員や出入り業者などによる伝聞から以下のいくつかの説が取りざたされている。実際の所は検閲により削除

真の回収理由の風説[編集]

社会実験説[編集]

TVCMなどで、どのくらいの人が情報を手に入れ、どのくらいの人が行動を起こすのかを調べるための実験という説。将来、例えば、「凶悪テロリストが逃げ出した、急いで捕まえなきゃ! そうだ、TVCMで流してみよう」といった場面でどの程度の効果が上がるかを予測するのである。

松下幸之助の遺言書混入説[編集]

創業者の松下幸之助氏の遺言書が何らかの理由により、当該暖房機の吸排気筒に紛れ込んだという説。遺言書には「松下電器の全株式を中間管理職以下全社員に分配すること」といった若手社員が狂喜するような文言が記されているという噂がある。当然、中間管理職以上のビッグな社員たちは損するのだが、なぜ数百億円もの宣伝費を投じてまで回収に躍起になるのだ? 何という正直者であろう。

兵器説[編集]

この暖房機は実は防衛省の依頼により製造された秘密兵器とする説が何人かの軍事評論家より出されている。これはナノテクノロジーを応用した特殊なもので、暖房機をいくつか合体させることにより「人型決戦兵器」(モビルスーツ)になるという。

ソビエト連邦(ソ連)の侵攻シナリオに対応するため秘密裏に開発され、他部署の社員にも気づかれないよう、ありきたりな暖房機の形をとり、有事に際して合体するような方式となったが、ソ連崩壊により開発は試験段階で中止され、手違いでプロトタイプが普通の暖房機として出荷されたものの、昨今の朝鮮半島の緊張にかんがみ、防衛省が開発計画を再開させたため今回の回収騒ぎとなったという説。これが本当であるとすれば、テレビCMなど告知に要する費用は防衛省が負担、つまり税金が投入されていることになる。

ロストテクノロジー説[編集]

このモデルに使用されているチップは、現在では失われたコンピュータ言語をコンパイルする能力を持っているため、政府の依頼によって回収しようとしているという説。 信憑性はあまりないが、一部はこれが真実だと訴え続けている。


関連項目[編集]