ナマズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
江戸時代大地震を発生させ、人類を敵に回した大鯰。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ナマズ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大鯰」の項目を執筆しています。

ナマズ(鯰)とは、地底に生息している巨大な生物であり、地震を発生させて人類嫌がらせをする生物である。

概要[編集]

地面の下には、「ナマズ」という巨大な生物が生息している。このナマズは、人類への怒りの堪忍袋の緒が切れると大暴れし、それによって大地が震動する。これが、「地震」が発生するメカニズムである。またナマズは、堪忍袋の緒が切れなくても、時々暇つぶし等も兼ねて身体を動かし、人類への嫌がらせ目的で地震を発生させることもある。頭の固い人たちは、「地震は断層のずれ等によって発生する」などと説明しているが、これは完全に誤りであり、「地震はナマズが動くことによって発生する」のである。すなわち、「ナマズ=人類の敵」なのである。

地球上で発生する地震の震源分布を見てみると、地震は地球のどこででも発生するのではなく、多くの場合、帯状の比較的狭い所で集中的に発生していることがわかる。これは、地球上において地下にナマズが多く生息している地域では地震が頻繁に発生するが、地下にナマズが生息していない地域ではほとんど地震は起こらないことを意味している。つまり、地球上にナマズの生息地帯が帯状に分布すると、その地帯にはいわゆる「地震帯」が形成される。日本の地下には多数のナマズが生息しているため、日本列島では頻繁に地震が発生している。日本列島を含め太平洋の周囲を取り巻く「環太平洋地域」は、地球上でも特に多くのナマズが生息しており、「環太平洋地震帯」と呼ばれるほど頻繁に地震が発生している。そのため、例えば環太平洋地域の一部であるチリでも、しばしば地下でナマズが大暴れして巨大地震が発生しており、それによって発生した津波は日本にまで到達することもある(1960年のチリ地震津波などがその好例である)。

前震・本震・余震・群発地震[編集]

ナマズは、地震を発生させる時、単独で地震を起こすこともあるが、一家揃って地震を発生させることも多い。その主な手順は以下の通りである。

  1. まず、体の小さい子供のナマズが暴れて地震を起こす。これを「前震」という。
  2. 続いて、体の大きい親のナマズが激しく大暴れし、大きな地震を発生させる。これを「本震」という。
  3. その後、多数の子供ナマズが繰り返し暴れて、何度も地震を起こす。これを「余震」という。

しかし、このような経過を経ずに、体の小さい子供のナマズだけが多数集まり、特定の地域で長期間繰り返し暴れて、長期間に渡って繰り返し地震を起こすこともあり、これを「群発地震」という。群発地震は、ナマズによる人類への典型的な嫌がらせ行為である。群発地震の場合、体の大きい親のナマズは暴れないため、本震(狭い地域で地震が一定期間に集中的に発生した際にその群れのなかにきわだって規模が大きな地震)はない。そのかわりに、体の小さい子供のナマズによる、それほど規模の大きくない地震が、狭い地域に長期間集中的に発生するのである。

関連項目[編集]

この項目「ナマズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)