ニコン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニコン」の項目を執筆しています。

株式会社ニコン(Nikon Corporation)とは、三菱グループに属する、キャメラを作る会社。間違ってもカメラと勘違いしてはいけない。

かつてアメリカではNikonを「ナイコン」と発音していたが、今は「ニコン」という発音の仕方が、世界の常識になりつつあるためおぼえておいた方が良い。日本光学という社名を縮めた呼称らしいが、どう縮めたらニコウではなくニコンになるのか分からない。 「ニコン」は、「日本こんにゃく協会」の略称でもある。最近「日本子ニャンコ協会」に改名した、ニャンコに征服された新たな犠牲者である。

事業[編集]

カメラ製造を主力としているようにカモフラージュしているが、実は軍需産業向けに、世界の最先端の製造装置(これらを総称してキャメラという)が売り上げの大半を占めている。 例えば、表産業のカメラのレンズを利用したレーザーカッターやデス・スターに搭載されている超兵器はおそらくこのニコンが作り出したに違いない。 つまり、ニコンは連合国の軍需製品供給会社である。 ニコンの代名詞の一つ、ニコノスはゼウスの父である。

キャメラの基本構造[編集]

キャメラの主な材料が羊羹であることはあまりにも有名なのでここでは割愛する。このほか製品の特性に合わせてせんべい、ワイン、こしひかりなどを使っている。このような大変扱いの難しい超合金の使用によってニコンのキャメラは世界屈指の軍需製品を生み出している。

他社との協力[編集]

ニコンのキャメラはSONY東芝のセンサーを搭載し、これにより高性能化を実現している。 実際のところニコンはレンズや筐体以外の大部分の部品を外部生産に頼っており、ニコンはレンズ以外碌に生産できていない…と長年内外に疑われてきた。しかし、半導体露光装置の生産を行っていることが軍事スパイの決死の報告で判明、さらにはそれがインテル入ってることが判明した。 2020年、コロナウイルスの影響で半導体供給に遅れが発生し、またオワコン化が進行したことにより2019年には7製品、2016年には12製品存在したものから4製品に減少している。

SONYのセンサーを搭載しているということはニコンのカメラにも必然的にSONYタイマーが搭載されているということである。しかし、ニコンは防塵防滴を徹底することでソニータイマーをバグらせることに成功している。

先日(8年前)、JVCがニコンのマウントに対応したビデオカメラを発売したが、オートフォーカスに対応していないなど、ニコンが軍事機密の流出防止に努めていることがうかがえる。

マイクロフォーサーズ連合や、キヤノンとは仲はあまりよろしくない。ライカは先輩。SONYは仕方なく付き合っている契約先。東芝はただの契約先、インテルは仲間。シグマには最近仲間はずれにされている。SAMSUNG[誰?]

主要な製品[編集]

表の主な製品として、羊羹がある。しかし、実際は前述の通り兵器メーカーでありその製品の詳細は本来軍事機密であり一般人の知るところではない。 しかし、この項では事実を知るために果敢に散っていった仲間たちに敬意を評し、真実を追求しようと思う。おや、誰か来たようだ

Dシリーズ[編集]

ニコンの主力キャメラ。 驚異的な威力を誇り、世界でも有数の規模となっているが、事務機を製造するキャノンやAV機器(アダルトビデオ機器とも)で世界的に有名なSONYほどの知名度がないのが実情である。 また、お情けばかりに動画記録機能Dムービーがついている。

D5000
妖精さんを搭載したキャメラ。中に入っている妖精さんの機嫌次第で調子が変化する。ニコンの手厚いサポートにより妖精さんのご機嫌取りが行われるのでもし万が一妖精さんがハンストを行っても、しっかり対応してくれるため安心である。
D5600
ありゃま、いつの間にか製品ページからいなくなっている。
D600
2012年にデビューしたフルサイズセンサー搭載の空気清浄機能付きデジタルキャメラ。センサー部分にゴミ吸着および油分吸収機構が搭載されており、周辺のゴミやチリ、揚げ物油を吸収してくれる優れもの。変わらない吸引力とニコンの手厚いサポートにより保証期間が過ぎても清掃・点検・部品交換、場合によっては別機種交換(D610)を無償でしてくれる傑作機である。なお、大気汚染と油の利用が著しい中国大陸において驚異的な性能を見せたことで世界レベルで評判となった。
D750
天空のフレアがキャッチコピーのキャメラ。太陽光を取り入れるAF機構により匠の技で反射・増幅・調整がされることで、天空からフレアが舞い降りるエフェクトが搭載されているのが特徴。ほかのキャメラでは真似のできない光エフェクトは絶賛されており、この機種も手厚いサポートが受けられると好評である。
D810
スターライトエフェクト搭載キャメラ。長時間露光や1.2倍の拡大撮影を行うと自動判断して画面に明るい光を増やしてくれる。旧機種にはない斬新な機能であり、こちらもいつものようにニコンの手厚いサポートが受けられる。
D850
測量機器が大幅に高性能化されたキャメラ。画素数は増えたが卸元のソニーがもっといいのを使っているのにニコンには卸してくれない…。この機もいつもどおりの手厚いサポートが受けられる。

1シリーズ[編集]

 汎用性の高い小型キャメラ。 カバンに忍ばせて空港で要人のお察し下さい。  レンズ交換式アドバンストカメラというセンスが炸裂した名前で登場。 Zシリーズの発売でミラーレス一眼に名前が変わる。  また、センサーサイズは1インチで、2.7倍することでフルサイズセンサーと同等ということである。 この利点として、本来0.00641025641hyde(10mm)のレンズもフルサイズ換算で0.0173076923hyde(27mm)とすることが可能。 

1 j1
EVFやHDR、パワーズームなどといった余計な機能を省いたキャメラ。晴天の下ではほとんど見えない画面で、60fpsという動画並みの連射速度を発揮する。(ライバルメーカーのキャノンは現在でも30fps)勿論、いつものようにニコンの手厚いサポートが受けられてレンズも無償で対応してくれる。
1 v3
当時のニコンのレンズ交換式アドバンストカメラの最上位機種ながら、EVF非搭載、グリップの別売りにより大幅な値下げを実現した。 しかし、その発想はお察しの通り基地外で、ニコンのオワコン化を推し進める一因となった。[要出典]

Zシリーズ[編集]

 残念ながら1シリーズに気を取られているうちに格下メーカーにシェアを奪われてしまったので焦って同じ機を2回発売してしまった。  動画性能はやはりAVを極めたSONYにかなうはずもなかったが、Dムービーよりはよっぽどマシ。

z fc
見た目がフイルムカメラであることにより、民衆の目を欺くことに見事成功、シェアを伸ばした。
z 50
唯一のz二桁機でz fcの原型だが、正直言って一桁機の方が種類も多いので需要なし。ただし最安値なので資金力の乏しい国でも導入可能である。
z 7ii
z7のマイナーチェンジ版。z7はSDカードスロットが存在しなかったが、これはSDカード開発元であるパナソニックがマイクロフォーサーズ連合に加盟しているため、使用を避ける目的であった。
しかし、ニコンにイメージセンサーを卸している東芝もSDの開発に参加していることにより東芝との関係悪化の懸念で一時緊張状態となったが、iiの発売により最悪の事態は回避された。
因みに、SDカードは初代、iiともに搭載されているバカでかいCFexpressコンパクトフラッシュCOMPACTFLASHとも)カードスロットよりも読み書きが遅い。XQDが何なのかは誰も知らない
z 9
ニコンが満を持して発売するフラッグシップフルサイズミラーレス。
少し先に発売されたキヤノンのEOS R3は6K動画にまでしか対応していないが、この機は8Kに対応しているなど、「ヤ」(=8)を大事にしているキヤノン以上に「ヤ」へのこだわりがある。
3軸チルトを搭載、バリアングルモニターの存在意義を減少させた。

Fマウントレンズシリーズ[編集]

 これはカメラのレンズである。したがって,これ単体だけではなにも撮影できない。その割に,100万円以上も払わさせられるものもこっそり混ぜているぼったくり商品である。  望遠鏡機能は多分あるので,望遠鏡を買いたい人に勧められる。しかし,特にマウントを取れるわけでもない。

広角・標準[編集]
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR DX
広角レンズの中では最も安い。その割に,一般人にとっては高性能な商品である。シャッタースピードは,普通である。
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED FX
超広角で撮れるが,旧タイプである。したがって,相当なレンズマニアでないと,これは買わないであろう。11万円ちょっきりで買えるという,微妙な値段設定である。サンプル写真から,自然を撮るのに適していると考えられる。
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR FX
31万円程度で買える,標準レンズである。NIKKOR初の非球面レンズらしいが,平らだからなんなんだという人が現れる。
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR FX
Teleの曲線の形が不自然である。それ以外は平凡なレンズと言える。約18万円で買える,やはり微妙な値段である。
望遠・単焦点[編集]
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR FX
基本的にEDレンズしかつけていないという特徴がある。21万円で買える。
AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR FX
162万円で買わされる,高すぎのもの。仮に80%オフになっても,32万円ぐらいで買わなければならない。ワイド幅や焦点距離を変えられることがメリットである。
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G DX
コンパクトで持ち運びが便利。おまけに3万円で買えるという,とてもよい商品である。ボケ味が好きな人はこれを買うだろう。撒き餌レンズである。
もう一度言おう、撒き餌レンズである。これが安くても資金のない人は買わないほうが良いだろう。なぜなら買ってしまった時点で貴方たはニコンに洗脳されニコンに貢ぐことになってしまうからである…
AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR
2013年5月に販売開始されてから,このシリーズでの最高の値段設定となっている。235万円である。いろいろ機能はあるが,初心者にはお勧めされない。鳥を撮影するプロに勧められる。

1マウントレンズシリーズ[編集]

 1瞬だけ販売されたミラーレス1眼カメラ用のマウント。1応まだzレンズよりは長い。  十万円のレンズが1二万円になっているなど妙な値上がりを見せている。

1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
長時間の激しいDJプレイにも対応する交換レンズ。ズーム機構に特徴があり、長時間利用したり、小まめにスクラッチとズームを繰り返しても高い信頼性を保つ。万が1問題が起きてもニコンの優秀なサポートにより無償で修理を受けることができる。
絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

近年の動き[編集]

ニコンがライバル会社キャノンのキャノン砲に対抗して開発していたニコン砲が完成間近であるという情報がまことしやかに囁かれている。某国の諜報員によるとニコン砲は砲弾が長方形である、飛距離が三十センチ程度、お土産に最適などキャノン砲に対抗した特長を持っているらしい。

ニコン砲完成に警戒し、各国は急ぎニコン砲を迎えるに相応しいお茶の用意をしている。

関連項目[編集]

  • キヤノン - ヤのつく製造業。合言葉は、「キヤノンのヤの字は大文字です」