ニュートン (単位)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニュートン(記号:N)は単位。あらゆる力に対して適応できる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニュートン (単位)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

古典物理学において、物体を移動させる「力」の概念が発見され、質量1kgの物体に1m/s2の加速度を生じさせる力が1Nと定義された。力の概念はその後、電磁気学素粒子論に拡大されて適用され、物理学を語る上では欠かせない重要な概念となっている。

物理学を超えて[編集]

「力」とは上述したように物理学における概念であるが、世の中にはこれとは別に「権力」「財力」「知力」「の力」のように、数多くの「力」を冠する言葉がある。

2016年、量子力学と素粒子論と精神世界を研究したとある物理学者が「物理学における「力」と、権力、財力、知力、愛の力などの「力」は、根源的に同質であり、どちらもN(ニュートン)で表せる」という衝撃の発表をした。物理学における「力の統一」を精神世界まで拡張したのである。

ニュートン測定器[編集]

この物理学者は自身の学説を証明するように「ニュートン測定器」を開発した。この装置はハンドガンのような形状をしており、測定対象に向けることによって、その「力」が「何ニュートン」であるかを正確に計測できる。

それぞれの力の大きさ[編集]

ニュートン測定器で、世の中に存在する代表的な力の大きさがどのくらいなのかを見てみよう。

ウェイトリフティング選手の筋力:8kN
鍛え抜かれた人間が単純に出せる筋力は8kN(キロニュートン)である。
小型自動車エンジンの最大出力:45kN
身近な小型自動車のエンジンの最大出力は45kN(キロニュートン)である。
スペースシャトルのエンジンの出力:1.8MN
あの巨大な鉄の塊のスペースシャトルを脱出速度で打ち上げるエンジンの出力は1.8MN(メガニュートン)である。
イチローの打力:51MN
日本が誇る、年間最多安打262本を記録したイチローの打力は51MN(メガニュートン)である。これは前人未到の大記録を打ち立てたイチローの打力がスペースシャトルを打ち上げる力よりも大きいことを示している。しかしMLB最強のホームランバッターであるバリー・ボンズの打力には及ばないようである。
スポーツサイトの成績ランキングではこれまで、野手の打力の指標としてOPS、投手の投手力の指標として防御率が採用されていたが、ニュートン測定器が開発された現在では「ニュートン」が採用され、成績上位者の力がニュートン順に並んでいるのを見ることができ、とても分かりやすい。
藤井聡太の棋力:60MN
将棋界が誇る天才棋士・藤井聡太の棋力は60MN(メガニュートン)である。大山康晴が52MN、羽生善治が56MNである。将棋界では棋士の呼称として「藤井聡太八段」「羽生善治九段」のように名前の後に段位を付けて呼ぶのが慣例であったが、ニュートン測定器が開発されて以降は「藤井聡太60メガニュートン」「羽生善治56メガニュートン」のように呼ぶことになった。
囲碁の七冠達成者である井山裕太の棋力は59MNであり、将棋と囲碁の棋力を直接比べることが可能となった。なお、白鵬の相撲力は60MNであり、囲碁と将棋と相撲を比べることも可能である。
ビル・ゲイツの影響力:500MN
世界のパソコン市場を制するマイクロソフトの元会長で、世界有数の富豪としても知られるビルゲイツの権力・財力を含めた影響力は500MN(メガニュートン)である。スティーブ・ジョブズマーク・ザッカーバーグイーロン・マスクらの権力・財力・発信力・影響力もいずれもこの辺りの数値を叩き出している。
アメリカ大統領の権力:800MN
世界最強のアメリカ合衆国大統領の権力は800MN(メガニュートン)である。極めて巨大な権力ではあるが、「議会制民主主義のため、大統領の好き勝手はできない」ため、ギガニュートンの壁を破ることはできなかった。
イエス・キリストの愛の力:10GN
その愛の精神が人類の心を貫き、世界最大の宗教となったキリスト教教祖であるイエス・キリストの愛の力は10GN(ギガニュートン)である。これにマザー・テレサマハトマ・ガンジーらが続く。なお、アドルフ・ヒトラーの権力は700MN程度であり、最後は愛が勝つのである。
アンサイクロペディアンの知力:1PN
アンサイクロペディアンの知力はいかなるものよりも高いとされており1PN(ペタニュートン)とされている。これは、知力のインフレの段階の一つと考えられているもののアンサイクロペディアンは常に進化するので今後も増加が期待される。最も大きな力は愛でも、ペンでも、剣でもなくユーモアである。

関連項目[編集]