ニューヨーク国際軍事裁判

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ このニューヨーク国際軍事裁判は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)

ニューヨーク国際軍事裁判( - こくさいぐんじさいばん)とは、第二次世界大戦においてアメリカ合衆国で行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判である(1945~1946)。この裁判はドイツ軍のニューファンドランド上陸作戦に呼応して反乱を起こした、アメリカ社会主義労働者党の本拠地ニューヨーク1945年11月20日から1946年10月1日まで行われた。

裁判中、アメリカが密かに原子爆弾を開発していた事が明らかになった。更に日系人の強制収容および日系人のガス室を使ったホロコーストが暴露され、人類に対する犯罪として厳しく糾弾された。ドレスデン爆撃計画など、英米の非道を明らかにする証拠が次々と明らかにされ、ヒトラーはアメリカ合衆国という体制の非人道性について厳罰を下すよう求めたが、イタリアの指導者ムッソリーニの「愚かな野蛮人の植民地・アメリカにも慈悲は必要だ」という意見により、訴追は穏やかなものとなった。

このような動きの背景には、枢軸国内でのドイツ派と日本派の緊張の高まりがあった。

被告人[編集]

  • ハリー・S・トルーマン(大統領・死刑)
カーティス・ルメイに対し原子爆弾の製作命令を下すことを許可した。
  • アルバン・W・バークリー(副大統領・終身刑)
ドイツ人捕虜のホロコーストを行うよう大統領に進言した。
  • ジョージ・パットン(軍人・移送中に事故死)
ドイツ人捕虜の収容所への連行を指揮した。
  • カーティス・ルメイ(軍人・死刑)
大統領に対し原子爆弾の製作を提案し、ダグラス・エアクラフトに発注の命令を下した。
  • ウィリアム・ハルゼー(軍人・終身刑)
救助を求めるドイツ海軍のゴムボートに対し機銃掃射を行うよう命令を下した。
  • ジョージ・キャトレット・マーシャル(軍人・懲役30年)
アドルフ・ヒトラー暗殺を計画していた。
  • ロバート・オッペンハイマー(科学者・釈放後ドイツへ移住するが行方不明)
カリフォルニア大学から斡旋され、ダグラス・エアクラフトの原子爆弾開発チームにおける責任者だった。

関連項目[編集]