ネイキッド・スネーク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ネイキッド・スネーク
Chara snake pic.gif
分類
: ヒト科
: ヒト属

ネイキッド・スネークとは、KONMAIが生み出した人気ゲームMETAL GEAR SOLID3の主人公の主人公である。

後にアメリカ政府から、ビッグ・ボスというコードネームを授かり、以降この名前を名乗り、呼ばれるようになる。

概要[編集]

勝手に敵地に乗り込み、エクストリーム・かくれんぼを行って目標人物やら目標物をめちゃめちゃにしていく、人気ゲーム(性的な意味で)のメタルギアソリッドの第3作目の主人公として登場。上半身裸の露出魔であり、髭が濃いCIA特殊工作員。趣味はダンボールをかぶる。ちなみにエクストリーム・かくれんぼの最高責任者と言われているのも彼である。

流れ[編集]

第2次世界大戦終結後の冷戦中、ソコロフという爺さんを奪還のために遥々、アメリカからソ連にスカイダイブで不法侵入した。急降下の際にドジって、ポーチを木に引っ掛ける萌え要素も見せた。

ソコロフが拉致されている廃墟に行と、ソコロフがエロ本を読んでいた。仕方なくエロ本を全て回収し(わーいわーい)廃墟からでると、今回の真の主人公オセロットと運命の出会い。オセロットをフルボッコし、「お前はどちらかと言うとリボルバー向きだ。だが、いいセンスだ!」という言葉をオセロットは「いいセックス・・」と解釈し倒れた。ソコロフ奪還の途中、師匠である「ザ・ボス」に裏切られ橋から川へ突き落とされる。奇跡的に助かるが腕を骨折。自ら快感を味わうため腕をもう1度正方向折り「ああぁぁああ!」というあえぎ声を出した相当のMである。ザ・ボスがヘリで逃げる際にジャンケンをしたが負けた。

1度帰宅し、もう1度潜入。今度はうまくかくれんぼした。そして今作のヒロイン「エヴァ」と出会う。

なんやかんやエヴァが捕まり彼自身も捕まった。エヴァの拷問の際に、エヴァに向けた弾が出ると判っていた銃に自ら突っ込みマズルフラッシュで目が破裂し、失明した。とんだおっちょこちょいなのか相当のMなのか・・。

それからしばらくし、ペンギン村出身の発明家でもあるホモ巨人や裏切り師匠を制覇し全ボスをクリアした彼にはそのあとエヴァとの初体験がまっていた。

彼は被爆しているが、エヴァとやりまくり奇跡的に受精

性格[編集]

ずばり、性欲大性変態である。

無線の際に「パラメディック」(女性)が「体をよくみて!」に対して股間をみて「今日も元気だ!」と真顔で応答した。また、自ら片目を失いに行ったり、相当Mだったりするのかも知れない。食料はもっぱらその辺のヘビ、共食いが好みでカロリーメイトという謎の食物も好きである。

被爆しているのにも関わらず、子を8人も残した彼のは一体・・?

また、検閲により削除をするのに男も女も関係ないらしく、ビーチで金髪のタモリとダンボールの中で検閲により削除したり、かと思えば美人工作員と検閲により削除したり。

そのため彼の息子たちもまた変態である。

ソビエトでの任務の際、土着の文化に目覚めたらしく、ワニキャップや猿のお面を被って松明を掲げ、所構わず儀式の舞を踊るようになったらしい。 彼が儀式を行う度、兵達の背後に謎の足音が聞こえるようになったり、エロイモアがそこら中にばら撒かれたり、爆発事故が多発するようになったり、自然発火現象が起こったりと様々な事が起こるようになったとか。まぁ事故なら仕方ないネ☆ (儀式の人で検索☆)

その後の彼[編集]

アウターヘブンという馬鹿げた施設を開設し、全くつかえないぶりぶりざえもんもとい、グレイフォックスが敵の捕虜となり、息子に救わせるが後に自分の野望がバレ、息子にフルボッコにされた。その際に「お前はやりすぎた!やりすぎたのだ!!」と叫んだ。そして息子も「それはアンタもだろ!」と叫ぶ。もちろん性的な意味である。

結果的彼は両手、両足、右目、右耳を失いながらもドMパワーで生き残りさらに体をサイボーグになりさらに痛みを快感に変えた。そのご、次回作でまた登場(4)今度はサイボ-グの体を死んだ息子たちから奪いもう1度くっつけた。この痛みもまた、快感に変えた。彼はやはりドMであった。最後は葉巻を吸い、裏切り師匠の墓の前で死亡した。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ネイキッド・スネーク」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ネイキッド・スネーク」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ネイキッド・スネーク」の記事を執筆しています。