ネプリーグ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ネプリーグ」の項目を執筆しています。

ネプリーグとは、フジテレビ系で放送されているお笑い番組。あの頭の固い百科事典などでは、「クイズ番組」と分類されることもあるが、後に説明するとおり、それは間違いである。

概要[編集]

来歴[編集]

ネプリーグとは、ネプチューンを主体とするお笑い番組である。深夜枠で力をつけた後、ゴールデンタイムに進出。フジテレビが視聴率がとれず、魔の時間帯と呼ばれていた月曜日19:00~20:00において視聴率20%超えという大きな成功を収めた。しかし、大阪などでは裏番組のアニメ☆7(名探偵コナンヤッターマン)と関口宏の東京フレンドパークIIを助けるため快傑えみちゃんねるに差し替えられて日曜日の12:00に移動させられているため、ネプリーグファンは不満に思っているがフレンドパークファンとよみうりテレビアニメプロデューサーのスワッチとコナンファンは月曜19時にネプリーグがなくてよかったと思っていたが2009年4月からはコナンとヤッターマン、フレンドパークは別の時間に左遷させられ助ける役目を終えたのに今度は冒険チュートリアルという番組に差し替えられておりネプリーグファンは今度はサプライズや総力報道を助けるために移動しているのかと不満が続いている。 また沖縄県ではなんとゴールデンタイムに「ゆがふぅふぅ」なる「方言番組」と「おしゃれイズム」を放送しているため日曜12:00に移動させられている。

内容[編集]

この番組は、他のお笑い番組とは違う方法で視聴者の笑いを取ろうとしている。その方法とは、「簡単なクイズを出題し、出演者がその回答においてボケることで視聴者の笑いを取る」である。出演者はネプチューンチーム(ネプチューン+ゲスト二人)とゲストチームに分かれて、後に紹介する4つのステージにおいて、ボケを競い合うのである。

よくある誤解[編集]

ウィキペディアなど多くの場所において、この番組は「クイズ番組」として分類されているが、それは間違いで、正しくはお笑い番組である。その理由として、

  • 出される問題が非常に常識的な問題で、誰も間違えるはずが無いものを、出演者が間違えている。これは出演者が出された問題に対して、ボケているからである。なお、同じフジテレビ系列の「クイズ番組」であるクイズ!ヘキサゴンIIでは、かなりの難問もよく出題されている。
  • この番組では、「問題に対してボケる=クイズに間違える=点数が低くなる」ほうが優秀である。しかし一般的な常識にとらわれて、「点数が高いほうが勝ちである」と勘違いした人が、クイズ番組と間違えるのである(ただし、これは「点数が高いほうが勝ち」みたいな印象を与える演出を行う番組側にも問題がある)。

過去に殿堂入りしたボケ[編集]

2019年7月8日ハイパーファイブリーグ+で一般正解率91%の問題「犬も歩けば☐☐☐☐☐☐」で、5人目が「な」と答え、見事殿堂入りを果たした。目玉に代表されるテレビ局の的確な判断でカットはせず、月曜日のゴールデンにそのまま放送し、令和最初の放送事故として番組名がTwitterのトレンドの1位に入った。この見事なボケにより、欅坂46チームは正解できず、1ポイントも獲得できず点数上では大敗を喫したように見えたが、ネット上で犬の肛門に棒が刺さった画像と共に拡散し、ネプリーグ史上最高のボケとして見事優勝した。

各ステージ[編集]

オープニング・1stステージ[編集]

ブレインタワー
オープニングステージ。最初のステージであり、物の名前を、どれだけボケて答えられるかを競う。
イングリッシュブレインタワー
ブレインタワーの続編。写される英語をどれだけボケで答えられるかを競う2009年4月21日に初登場した新コーナー。
発音をはずすことで笑いを取るのが狙いである。

また時々リスニング問題ならぬリスニングボケ問題も出る。

ファイブリーグ
答えが5文字の問題を、一文字ずつボケて答える。最初のほうは、難易度が高く、ボケるのが難しい。

2ndステージ[編集]

ファイブツアーズジェット
出題された漢字の読みに、どれだけボケられるかを競う。ファイブリーグと同じように、最初のほうの問題はボケるのが難しい。
ファイブツアーズバギー
出題されたカタカナを書く。ここでどれだけボケられるかを競う。ファイブリーグと同じように、最初のほうの問題はボケるのが難しい。
ジェットとツアーズはどちらか1つだけ挑戦できる。
トラップハウス
間違っている文字を直すゲームと見せかけてそれを利用しボケれるか競う。
ツアーズがネタ切れのときに出す。

3rd・ボーナス・最終決戦[編集]

ファイブボンバー
時間制限のある中で、どれだけ問題にボケられるかを競う。
トロッコアドベンチャー
番組の最後に、点数が高いほうが挑む。つまり敗者復活戦である。残り問題数CGは2005年当時を現在でも引き続き使用している。(もうそろそろ一新するべきでは?)
最終決戦
SPのみの最後の決戦。早押し問題形式でどれだけボケられるかを競う。

主な出演者[編集]

ネプチューンチーム[編集]

  • ネプチューン
    • 名倉潤
      • この番組ではあまりボケないKY堅物。というかまだクイズ番組気取りで参加している。
      • だが最後の最後でボケることを覚えた
    • 原田泰造
      • ファイブツアーズではボケまくりである。
      • ファイブツアーズでの「俺に任せとけー!」と大絶叫して1文字も打たずに絶叫し続けて自爆したのは高評価されている。
      • 一度だけ大人の事情により相手チームに移ったが変わりにビビる大木にボケてもらった。
    • 堀内健
      • ボケているのかボケていないのかを追求するのはやめよう。
      • ファイブツアーズでは「結婚」という言葉しか打たない。
  • ゲスト
    • ゲストA
    • ゲストB

4人目のポジションの人は基本的に空気の読めるアイドルなのでボケやすいため、「アイドルカラー」と呼ばれている(泰造命名)。他にはよくボケるのがうまいためお笑い芸人を呼ぶこともたびたび。

ゲストチーム[編集]

決まった出演者はいないが必ず1人は心配な人(ボケない人)がいる。「お笑い芸人チーム」とか「熟女チーム」とか決まった形式で出てくる。

東進ハイスクールチーム[編集]

2013年から登場した。キャプテンは林修

関連項目[編集]