ネミーダ・ヨカエラ・シテケロー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ネミーダ・ヨカエラ・シテケロー」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ネミーダ・ヨカエラ・シテケロー1946年 - 1990年)は、20世紀のもっとも偉大な心理学者の一人とされている人物である。学校睡眠の関係を研究したことで有名。

研究[編集]

ネミーダ・ヨカエラ・シテケローは、43歳の若さで亡くなるまでに、数多くの偉大な発見を成し遂げている。これらの発見は、現代心理学の進歩及び学校教育の効率化に大きく貢献した。

5時間目の法則[編集]

中学校の授業のうち、小中学生が最も眠気を感じやすいのは、5時間目である、という法則である。5時間目に最も眠くなる現象は、近代的教育機関が設立されて間もない頃から、多くの研究者によって指摘されてきたが、シテケローはこの現象を理論的に研究し、これが正しい事を証明した。シテケローによると、給食後の満腹感が児童の眠気と大きく関わっているという。その後の授業でも満腹感は持続するが、最後の授業は「これが終わったら帰れる」という安心感があるため、かえって眠くならないという。[1]

シテケローの法則[編集]

彼の功績の中で最も偉大な功績といわれているのが、シテケローの法則の発見である。これは簡単に言えば、授業中における眠気は、その授業の退屈さに比例する、というものである。小中学校の授業における、眠気をS、その授業の時間をn時間目(ただし、最後の時間のみ例外として  とおく)、その授業の退屈度をTとおくと、以下のような公式になる。

ここでTは、(小中学生が最も退屈を感じない)昼休みの退屈さを1とした時の倍数で表す。例えば、国語の時間の退屈度が2だったならば、国語の時間の退屈度は、昼休みの退屈度の2倍である、という意味である。

シテケローの法則の解説[編集]

シテケローの法則の偉大さを理解するために、いくつかの例を紹介しよう。

  • 退屈度Tが一定であると仮定すると、nの数が大きくなるにつれて、眠気Sも大きくなる。つまりTが一定のとき、5時間目の眠気は、1時間目のそれの5倍という、かなり大きな数字になる。1時間目に比べて、いかに5時間目が眠たいかが一目で分かる。
  • もし先生達がSの値を一定に保ちたいのなら、授業が進む毎に退屈度Tを下げる必要がある。例えば、1時間目  の授業をしたとすると  となるが、同じ授業を5時間目にしても  となってしまい、生徒の眠気は5倍になってしまうのである。しかし昼休みより退屈でない授業を行うことは大変難しく、前半の授業があまりに退屈でない限り後半の授業は「つまらない」と認識されてしまう。
  • 近年の学生の不真面目な態度を見た学者がそれまでの授業のSを加える式を提案した。

功績[編集]

  • シテケローは生涯を、学校と睡眠の研究に費やした。彼の研究は、心理学・教育学・生物学社会学など、あらゆる分野で応用された。彼の研究によって、人の眠りに関する理解は格段に深まった。
  • シテケローの輝かしい功績は高く評価され、ノーベル賞受賞は間違いない、と言われていたが、それを受賞する前に亡くなってしまった。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、中学生になると部活追試補習などで、放課後も学校にいなくてはならなくなるため、この法則のみでは学生の心理を完全に証明できない。

関連項目[編集]