ノーベル症

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

ノーベル症( - しょう、Nobel Syndrome)とは、現在日本列島の一部地域および朝鮮半島の南部を中心に蔓延しているウイルス精神疾患の一種である。

概要[編集]

1952年に大阪民国で初の症例が報告されているで、レトロウイルスが病原体である。

現在このノーベルウイルスNobel Virus)には、C型Nobel C Virus)とP型Nobel P Virus)の二種類が確認されており、P型はC型が突然変異を起こしたものであることが明らかとなっている。これら二種のウイルスで形態や症状は大きく異なるが、いずれも皮膚を介して体内へ進入することや神経に関わる遺伝子をターゲットとしていることから医学界では共通するウイルス種ないし疾患であると定義づけられている。

C型[編集]

端緒[編集]

最も古いノーベル症C型Nobel C Syndrome)の症例は、大阪民国東成区在住の田中カツさん(仮名)に求めることができる。カツは1952年1月、日本橋黒門市場で、道行くあらゆる人々へ「アメチャン食べなあかん!」などと大声で捲し立て、謎の物体を他人へ押し付けたりポケットへねじ込み続けるという奇行を呈したことからたまたま通りかかった伊藤忠商事営業マン通報し、黄色い救急車で近隣の病院へ搬送された。

しかし検査ではカツの容体に全く異常が見られなかった。これは前代未聞の奇病であり町の病院では治療が不可能であった。その上黒門市場では同様の症状を呈した者が地元の中年女性を中心に多発し、この病状は近隣の船場心斎橋筋戎橋筋千日前各商店街から天神橋筋商店街、そして千林商店街に至るまで半年も経たずして激増した。

事態の表面化[編集]

民国内ではこの病は「おもろいからええやん。」と捉えられ、誰も気にかける者は居なかった。ところが1970年代後期より虫歯ないし糖尿病を合併症として併発する当疾患の患者が続出し、1981年、現在でもたかじんの何でも言って委員会など足下にすら及ばない国内最高峰の伝統と格式を誇る論評番組であるありがとう浜村淳ですで取り上げられると世間の関心は大いに集まり、ブルセラ症と並ぶ深刻な危機として社会問題となった。

連日のように国会では大阪共産党議員が政府の無策を批判し場内は大乱闘となった[1]全会一致生活保護対象者拡大と学術研究費の拡充を柱とする予算案は可決された。

医療法の確立[編集]

湯水のように充てられた予算により、この奇病に関する研究が進められた。

財前事件以来失墜していた権威回復が悲願であった大阪大学医学部は、患者によって渡される謎の物体に着目し成分解析を行った結果、この物体はセルロースを外殻、スクロースを内殻とするレトロウイルスであることを明らかにした。このウイルスは直径2cmから4cmであり[2]、外殻にはとの検体にも面積30~70mm2を占める「ノーベル」又は「NOBEL」という文字に見える模様が観察されたことから現在のノーベルウイルスという名は命名された。

また、研究当初は揺るがぬ定説であった経口感染説は根底から否定された。C型ノーベルウイルスは皮膚により感染するウイルスであり、感染者の皮膚とウイルスが接触することにより汗腺からRNAが侵入、DNAに逆転写され脳神経細胞のDNAに組み込まれることが分かった。その上体内ではRNAのみが合成され外郭や内殻を伴う完全なウイルス体は再合成されず、生物間では一切伝染しないことも明らかとなった。

電子顕微鏡で観察したCb-VC型ノーベルウイルス(有効倍率4倍)

予防法も確立された。これは実際にウイルスが接触する手の肌年齢を若く保つことにより汗腺の収縮性を維持するという理論であり、手にやさしい台所用洗剤の利用が義務づけられ、アトリックスの処方が推進された。日本においては東京マスコミによって重度の患者の映像も交えたノーベル症予防運動が大々的に展開され、更には国鉄民営化においても東海旅客鉄道という緩衝地帯が設けられたため、阪国近隣を除けば感染の拡大を食い止めることに成功した。

これら列島を挙げた運動により悪性ウイルスの淘汰が進んだ結果、前述した合併症を深刻なレベルで引き起こすC型ノーベルウイルスは激減した。現在拡散しているC型ノーベルウイルスの殆どはC-VC型C-NB型C-HK型といった合併症リスクが比較的軽微で、かつ咽頭粘膜の炎症を和らげるという効能をも有する型であり、今日においては阪国内ですら問題視されることは殆ど無い。

P型[編集]

C型とは事情が全く異なり、ノーベル症P型Nobel P Syndrome)は現在でも悪化すると極めて深刻な症状を呈する精神疾患である。投薬に適した薬はもちろん、自然科学的な予防法すら存在せず、地道なカウンセリングコーチング風水環境の改善しか治療法は存在しない。快復した事例もまれである。

あげるあげる病の一種といえるC型に対して、このP型はほしいほしい病の典型と言える病である。

進化と発病の経緯[編集]

ノーベル症P型初期の感染者とみられる者として、大阪民国生野区巽地区在住の安田某さん(通名)が挙げられる。1993年に確認されている。

生野区はC型ノーベルウイルスの最も深刻な汚染地域として知られており、かつては浄化が検討されていたが、先述した医療法の確立およびウイルス害の低下、そしてバブル崩壊により税金の無駄遣いと非難され白紙撤回されていた。安田さんもC型感染者であり、当時の従軍慰安婦問題により神経衰弱になられたことに伴う体内環境の変化に順応したことが大阪市立大学により報告されている。当該論文によると、体内でナノレベルの内殻および外殻が合成され、また精神衰弱の原因である特有の優性遺伝子をターゲットとするものへと突然変異した結果、一般的な種々の病原体ウイルスと同様のサイズと伝染性を兼ね備え、潜伏期間までもが存在するP型ノーベルウイルスとなったと記されている。

安田さんが祖国へと一時帰国した親戚を見送るため新潟へ行かれたことから、P型ウイルスは万景峰号に乗って北朝鮮人民へと伝染した。その当時は潜伏期間であり主立った症状は見られなかったが、露骨な愛情表現を伴わずとも体を密着させることが日常茶飯事である朝鮮特有の習俗によりP型ウイルスは爆発的に伝染し、観光事業が行われていた金剛山開城韓国上層へと伝染が拡大したと見られている。

北朝鮮では一足先に発病期へと突入する者が続出した。彼らは偉大なる将軍様ノーベル平和賞受賞を望み、更なる革命の推進を誓った。ところがノーベル平和賞を韓国大統領金大中だけが受賞したことで発病者であった人民らは絶望し、人民らの求めによりこれ以後平和政策は援助要求政策へと変質していった。

行く河の流れのように韓国でも多くの感染者が発病期へ突入した。黄禹錫もその一人である。クローンの誕生に成功し誇らしい民族の象徴ともて囃された彼は、10年後のノーベル賞を受賞するという性急な使命に駆られた結果、学生に微細管を突っ込み受精卵を採取して、アドビ法による解析を行うという本来の研究内容とは大きく外れたどうしようもない行為を行うに至った。[3]

優秀な韓民族しか見ることが出来ない15体の銅像

黄の失脚をきっかけとして、更に多くの感染者が発病期に入った。黄の解析法に対してを使っていないと非難した朝鮮日報記者の自宅にはノーベル症P型発病者らより1日1万通の抗議ファックスが殺到し、ノーベル症P型発病者であった新設校である民族史観高校関係者らは、当時の日本より、自然科学分野に限っては今でも日本より多い15人のノーベル賞受賞OBおよびOG賢い人だけが見られる銅像を設置し、ノーベル症P型発病者であった詩人はぞうきんの詩を創作し、ノーベル症P型発病者であった有識者らはノーベル賞受賞者を輩出していないという理由で国内最高学府であるソウル大学の廃止を主張した。

日本への伝染[編集]

ノーベル症P型発病者は韓国人だけではない。国際的な業務を行う日本人マスコミ関係者にも拡がっている。

2007年以降、中秋の季節になると彼らはものしくなるのだろうか、村上春樹をこぞってノーベル文学賞候補と祭り上げている。現在の所毎年落選しており、あたかも彼らがこれらの結末へと導いているかのようである。恐山イタコによると、あらゆるは2009年以降この現象が秋の風物死として定着するだろうと笑い呆れているとのことである。

注記[編集]

  1. ^ 意外にも当時の阪国国会は極めて淡々とした雰囲気であり、国内外問わず場内は葬式であると形容されていた。この乱闘は超党派の猛虎育成協議会によって開かれた1985年臨時国会と並ぶ数少ない事例である。
  2. ^ 世界一巨大なウイルスとしてギネスブックにも登録された。
  3. ^ 黄禹錫の言動を突破口として、現在P型ノーベルウイルスがターゲットとする遺伝子が解明されようとしている。腹と喉の痛みを伝達する交感神経系に関わる優性遺伝子と体内時間を司る優性遺伝子であるいう学説が本命視されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ノーベル症」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ノーベル製菓」の項目を執筆しています。