ハイキュー!!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハイキュー!!」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ハイキュー!!」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ハイキュー!!」の記事を執筆しています。

ハイキュー!!(漢:排球)とは、幅広い女性読者の獲得を目指した週刊少年ジャンプのスポーツ漫画作品。

概要[編集]

連載デビュー作『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』が不人気かつプロ市民からのイチャモンで打ち切られ半封印作品扱いされることとなった漫画家古舘春一は、再起の為に周辺の人気作品を解析し新作の準備を行っていた。その中で出てきたのが、「ジャンプで売れるには女性読者を意識するべし」という原則だった。同時期の連載にはニセコイなど男性向けも一応あったものの、よほど地力がなければその道は厳しい[1]。また女性読者は複数の作品を同時に支持し買い支える傾向があるため、ヒット路線を踏襲して二匹目三匹目のドジョウを狙っても失敗しにくいという利点もある。

しかし既に『黒子のバスケ』や『テニスの王子様』という先輩BLスポーツ作品があった事から「配慮」し、BLだけでなくショタ要素やノンケカプを入れ込むことでショタコンや夢女子・スポーツ女子にもアピールしていく方向となった。これが結果としては大成功となり、テレビアニメ4シリーズが作成され連載期間は8年半と2010年代の連載作品としてはかなりのヒットとなっている。また腐女子に特化しなかった事から「腐媚び」「ジャンプを汚す」としてオンリーイベント開催や連載継続に関し一部読者が過剰反応して妨害するような事件[2]も起こらず、平穏に連載を満了している。

スポーツ作品として[編集]

BLスポーツは基本的にスポーツ男子を性的に絡めて楽しむものであり[要出典]、純粋なスポーツ作品としての評価は低い傾向にある[3]。しかし本作では、作中人気NO.1カプである日影[4]の「変人速攻」以外は基本的に一般のバレーボーラーでも再現可能なものになっており、路線も人間をコートの外までぶっ飛ばすサーブなどは登場せずリアル寄りになっているのが特徴。

またルールや専門用語も物語に取り込む形で解説されており、カプ目当てで入ってきた新参も自然にルールを学べることからスポーツ女子を偽装して自身の属性を隠すことが可能。その為か非オタク系バレーボールイベントとのコラボも多く、それを世間的な人気と誤解した日本記念日協会により語呂合わせで8月19日が「ハイキューの日」と正式に定められている。

脚注[編集]

  1. ^ 男性向けを狙ってお色気路線に行った新人は、大抵壮絶な大爆死を遂げている[要出典]
  2. ^ 黒子のバスケ』では、「白い死神」「怪人801仮面」らが妨害事件を度度起こしている。
  3. ^ 逆にBL要素の薄いアイシールド21などは、スポーツ作品としての評価が高い。
  4. ^ 日向×影山のカップリングタグ。

関連項目[編集]

書きかけだ 記事は面白ければいいんだ。面白いものは削除されない。当たり前だ。
だが この「ハイキュー!!」は面白くない
面白さを視野に入れるなら特に内容だな。誰でもいいから面白い記事を期待しているぞ。 (Portal:スタブ)