ハウステンボス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハウステンボス」の項目を執筆しています。

ハウステンボスとは、1992年に独立した国である。正式名称はハウステンボス共和国

歴史[編集]

  • 1945年、日本が敗戦。江戸時代からオランダとの交流が深かった長崎県は、戦勝国オランダに一部領土を割譲した。その割譲地は長崎オランダ村と名づけられた。
  • 1992年、これといった産業の無いオランダ村の経済は貧窮していた。一方、宗主国オランダではフィーバー機の普及によりチューリップの相場が暴落。住民はこの混乱に乗じて蜂起し、オランダ総督を追放、ハウステンボス共和国として独立を宣言。以後、ハウステンボスは観光国家として発展してゆく。ちなみに翌年、アメリカのフリントン大統領から、自由の女神贈呈の申入れがあったが、実習生との合作であることが暴露され、取り止めになった。
  • 2003年、観光客の減少に歯止めがかからず、経済が破綻。
  • 2007年、国全体が世界遺産に登録された。
  • 2010年、逃走中の舞台となる。
  • 2010年8月、AKB48が来国。多くの人出で賑わった。

概要[編集]

人口[編集]

人口約1000人。そのほとんどが国内の各観光名所で働いている。しかし、ほとんどの国民は国内に居住しておらず、夜間は他国(主に日本)にある自宅に戻る。そのため、夜間の人口はわずが数十人(警備員など)である。

産業・経済[編集]

経済は観光収入に依存している。2003年に経済が破綻したが、その後は回復傾向にある。その他に、チューリップの輸出や漁業なども行っているが、規模は小さい。窮余の策として、国全体をカジノ化する構想があり、「ついでに国名をモンテカルロ共和国に改称しよう」「いや、オランダの香りを残し、飾り窓で活性化を図るべきだ」などと水面下で侃々諤々の論争が行われているらしい。

政治[編集]

株式会社ハウステンボスの取締役が国会議員の役目を果たしている。2003年の破綻以後、国会議員が一新された。

外交[編集]

歴史的経緯から、オランダとの関係が深い。

国土・交通[編集]

オランダ植民地時代に建設されたオランダ風の風車や建造物が並び、町には運河が張り巡らされている。その美しい町並みは、2007年、世界遺産に登録された。公共交通は、バス・タクシー・船などがあるが、徒歩でも十分に国内を見て回ることができる。

関連項目[編集]