ハードネシウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハードネシウム(Hardnessium)
一般特性
名称, 記号, 番号 ハードネシウム, Ha, 104
分類 ネオ金属類
族, 周期 4, 7
密度 23 g/cm3
無色
原子特性
原子量 261.11 amu
原子半径 157 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ハードネシウム」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「硬さ」の項目を執筆しています。
ハードネシウムの量や結合する強度により鉱物の硬度が変わる。

ハードネシウム(Hardnessium)は、元素番号104番のネオ元素である。ネオ元素記号はHa。名前は英語で「硬さ」の意の「Hardness」に由来する。

概要[編集]

ハードネシウムは硬さの元となる元素である。この元素結合の強さと量で物の硬さが決まるとされている。

例として、ダイヤモンドはハードネシウムが多く含まれているかつ結合が非常に強い為、非常に硬いとされている。ガラスはハードネシウムを多く含む一方で、結合がかなり弱いため、簡単に割ることができる。

ハードネシウムから作られる物質[編集]

ハードネシウム単体で作られる物質はほとんどないが、前述した通り硬度が高い物には多く含まれている。また、ハードネシウムを含む物質は硬度が高くなるため、さまざまな所で利用されている。詳しくは利用の節で後述する。

利用[編集]

物の強度を強くするために使用さることが多く、主に合金などに使われる。ハードネシウムを合金化することにより機械的強度[1]がかなり改善されることが分かっている。

プラスチックの強化などにも使用されている。ペットボトルの原料であるポリエチレンテレフタレートは手で簡単につぶせる。一方、アクリル板などに使用されるアクリルは折り曲げることはできるが、硬く、簡単にはつぶせない。これは、ポリエチレンテレフタレートに比べアクリルの方がハードネシウムをより多く含むためである。

特に、高齢男性においては、ハードネシウムを含むサブリメントを飲用する例が、しばしば見られる。一体何を硬くするのかは、お察し下さい

このように、ハードネシウムさまざまな所で利用されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]


この項目「ハードネシウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)