バイオマス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バイオマス」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「バイオマス」の記事を執筆しています。

バイオマスとは和製英語で、生物由来原料を飼料として養殖したサケマス[1]の総称である。

概要[編集]

海洋資源は多くの人類にとって主要な産業を支える糧となってきたが、決して無限ではない。特に(2021年現在の視点では)最後の小氷期[2]が終わった19世紀半ば以降、気候の安定により人類の個体数が爆発的に増加した事で特に食用としての資源消費量が大幅に増えており、海洋資源が将来的に枯渇する可能性が盛んに叫ばれるようになって来た事から、安定した資源量の確保を求めて多くの養殖手法が編み出されていった。

初期の養殖は生存区域そのものを自然に任せ飼料を散布したり周辺の捕食生物を狩るなど簡易的なものだったが、中期以降は水槽や人工河沼を使った完全養殖が可能となった。中でもサケ/マス類は肥育効率が良く[3]、世界各地で養殖されている。バイオマスもその手法一つで産み出されたもので、発展途上国でも用意に行える手軽さから様々な地域で養殖されている。

バイオマスの特徴と問題[編集]

バイオマスの特徴として非常に大きいのが、人間生活から生まれる「生物由来原料」である生ゴミを原料とした飼料を与えて肥育する事である。この手法は家畜の育成にも使われている[4]が、魚の場合栄養価は高いものの生ゴミ等を与えるのは海洋汚染を促進するとして長く行われてこなかった。しかし生ゴミを一旦凍結粉砕し粉末にしてからペレットとして固める技術が生まれた事で、生ゴミの栄養価を活かしたまま水質を綺麗に保って与える事が可能となった。また食糧問題と共にゴミ問題にも解決を示せる上、非常に脂が乗りやすい為バイオマスは燃料としても使用可能[5]な優れた養殖魚となっている。

しかし一方でその有用性と経済性から、発展途上国ではバイオマスの養殖事業が他の産業を圧迫し経済発展を妨げているという指摘もされている。先進国へのバイオマス販売による外貨獲得が国内経済を上回ってしまい、本来国内の発展に従事するはずの若者層が目先の給料だけを見てバイオマス養殖にばかり飛び付くことで産業が空洞化しつつあるというのである。とは言え個人の経済活動を犠牲にして国家を発展させろ、という前時代的な価値観を今さら強要するわけにもいかず、バイオマスと経済に関する問題には未だ答えが出ていない。

脚注[編集]

  1. ^ 両者に厳密な生物学的区分けはない。英語の「サーモン」と「トラウト」は成長過程で海洋生活を送るかどうかで区別されるが、養殖の場合は名称が混用される。
  2. ^ 1250年から1850年。
  3. ^ また三倍体が自然発生しやすいため、全体的な資源量が多くなりやすい。
  4. ^ 製菓会社などでも、廃棄予定の材料を家畜用飼料として業者が引き取るのが常態化している[要出典]
  5. ^ 日本では江戸時代頃既に「魚油」が燃料として流通しており、安価な照明として魚油を使った行灯提灯が使われていた記録がある。

関連項目[編集]


Imgb4da957b62oe8w.jpg バイオマスは、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)