バターナイフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バターナイフ」の項目を執筆しています。
これがバターナイフ。長く直視すると目を切ってしまう恐れがある。
「使えるかこんな物!」
バターナイフ について、ヒューマン・トーチ

バターナイフとは、バターで作られた包丁のことで、鉄製のナイフの数千倍の切れ味があることが特徴。

概要[編集]

華氏30℃以下で使用できるバターナイフは、料理人にとってCO2レーザーに次ぐ万能な調理器具である。しかし、バターナイフは冷蔵庫の中より高い温度になるとすぐに使い物にならないので、バターナイフを使う際は氷点下の環境で使うことが望ましい。

作り方[編集]

バターナイフを作るには非常に長い時間と手間がかかり、危険も伴うため熟練の技術を持った地元の職人に委ねるのが良いだろう。

歴史[編集]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症日本語話者たちが不甲斐ないばかりに、ウィキペディア英語版の専門家気取りたちに「Butter mountain」の項目を先に執筆されてしまいました!

バターナイフは人々が冬を越すために、朝食で食べる保存食を切り分けるのに必要な道具を作っていた頃から使用されているが冷蔵しないと溶けてしまうため、使われ始めた具体的な時期を特定することが難しくなっている。しかし、信じられないほど滑らかで深い切り口が並ぶ洞窟の壁やその下の床に何十本もの指の骨が散乱していたことから、石器時代の頃から既に存在していたことが判明している。残念なことに、数千年にわたる地球温暖化により、古代のバターナイフはすべて溶けてしまっており、ナイフの形をした油汚れしか残されていない。

また、ネアンデルタール人がバターの槍を使って獲物を仕留めていたことや、中世においてはバターの矢や矢筒が使われていたことは解明されている。その証拠はヨーロッパバター山脈で発見されている。

武器として[編集]

バターナイフは、暗殺者が好んで使った道具としての長い歴史も持っている。致命傷を与えられなかった場合、副次的な効果として傷口に脂質の塊である刃を残すことで脂質異常症からの動脈硬化を引き起こすことが期待されていた。現代では、テロリストがバターナイフを所持している可能性が懸念されているが、これといった検知方法が確立されていない。

この記事は、en:Butter knifeから翻訳されたものです。