バトル・オブ・ブリテン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バトル・オブ・ブリテン」の項目を執筆しています。

バトル・オブ・ブリテンは三か月間しか行われていない世界最大の航空戦である。これはイギリス人のジョークのストックの一つであるがドイツ人相手に言うと半殺しにされるので注意した方がいい。 この戦闘はナチスドイツイギリスによる航空戦である。しかし、行われたのはなぜか英仏海峡なので世界の支配者にも載っているロスチャイルド様とロックフェラー様の共同で行われている計画の一部という説が一部界隈では信じられている。

概要[編集]

この航空戦はまずドイツの攻撃から始まった。ドイツは新型兵器であるソーセージハムを投入し食によるイギリスの支配を狙ったがスペインから逃げてきた人たちによるハムとポーランドからの亡命者のソーセージには勝ち目がなくすでに餌付けられていたイギリス人には全く効果がなかった。しかし、一説によるとこれらの新型兵器の後継ができてドイツがイギリスを支配することを恐れアメリカがまず食の国イタリアに上陸したとされている。 その後は通常の爆弾で無差別的に攻撃する様に美大落ちが命令したためこのような攻撃は収まった。これらの攻撃は無能チェンバレンが唯一残した物理的な功績である防空網によってある一定は防がれた。しかし、屈強なプロイセン軍人がイギリス人の防空網に止められるはずもなく見事に防空網を突破し爆撃してきた者もいた。

結果[編集]

この航空決戦は結果から言うとイギリスの勝利だった。これは、英国紳士のの底力などではもちろんなくある一人の人物によって覆されたのである。それはかのエリザベス二世女王閣下である。
女王閣下は戦時中は軍隊に入っており後方支援をしていた(当時は女王ではない)。当然夜中は厳重な警備の地下壕で空襲におびえていたとされている。しかし実際は夜に抜け出して対空砲をぶっ放していたという秘話がある。この、攻撃によりドイツ軍はどんどん航空機を撃墜されしかたがないので攻撃を中止したというの説が主流である。

対空網について[編集]

イギリス軍は世界屈指の対空網を持っていたものの夜間は効率が悪化し爆撃されることが頻発した。そこで、戦車の有効性を第一次世界大戦ごろから理解していた時代の先駆者であるウィンストン・チャーチルは底を割ったビール瓶を用いて航空機に対抗するという竹槍よりひどいことを思いつくが将校の反対により断念した。チャーチルはのちに「政府が1940年の段階で政府が底を割ったビール瓶の有効性を理解できていれば戦争を1942年に終わらせられてた」という後世にも語り継がれている名言を残している。

ロンドン空襲[編集]

ロンドン空襲は元をたどるとドイツ軍のおちゃめな失敗から始まる。
ドイツ軍は当初都市部は攻撃しておらず軍事施設や港などを中心に攻撃していた(都市部を攻撃していても市民を狙ってではなく軍需工場などを狙って)がとあるパイロットがたまたま偶然うっかりと航法を間違い単機でロンドンの市街地にこれまたたまたま偶然うっかりと爆弾を落としてしまったそうだ。このことに関してはCIAのスパイがやったという説が大半の歴史家によって支持されている。この報復としてイギリスが記念すべき第一回のベルリン空襲を行った結果ヒトラーが大激怒しヒトラー専用ニート施設と同時にロンドンへの報復攻撃を行った。これらの空襲でエリザベス二世女王閣下が一番活躍したと言われている。この後もイギリスがベルリンを空襲したりと第一次世界大戦経験者の指導者による熾烈な報復争いが行われた。

関連項目[編集]


軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ このバトル・オブ・ブリテンは、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)