バナナの叩き売り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バナナの叩き売り」の項目を執筆しています。

バナナの叩き売り(-たた-う-)とは、独特の手法で客を引き寄せてバナナを販売する手法である。

概要[編集]

バナナは本来熱帯から亜熱帯区域を中心に生育する果実で、近代に至るまで日本国内での流通はほとんど行われていなかった。しかし明治時代に入り台湾が日本に併合されると、そこを基点として日本国内でも販売が可能となっていった。しかし当時バナナは高価であると共に痛みやすく[1]、仕入れた分を迅速に売り切らなければ大損をしてしまうという非常に悩ましい果実でもあったのだ。

鮮度に関しては青いまま仕入れて追熟させることである程度どうにかなるが、販売がうまくいかなければ元の木阿弥になってしまう。なんとか売り切ろうと販売者は頭を捻り、バナナを段階的に値引きしつつ付加価値を付けることで販売を促進する手法を思い付いた。それが「叩き売り」である。

その手法等[編集]

こういった姿を見せて客引きをしていた。

明治時代には高級青果のひとつだったバナナだが、花柳界ではその形状等から男性器に見立てて囃す猥芸が流行しつつあった[要出典]。そこに目を付けた青果業者が、女性にバナナを握らせてしごいてもらったり胸の谷間に置いて乳肉で挟みこんだりする姿を路上で披露し往来の男性を釘付けにする手法を編み出したのである。

訪れた客を逃がさないように、巧みな話術で引き留めながらどんどん値下げし、更に客のバナナを販売するバナナのように弄ったりして購買意欲を高めていく。「叩き」とは景気付けの為の呼び方[2]であり、実際にはバナナを叩いたりはせず「擦る」「揉む」「舐める」などを行っていた。中には男性受けの良い調理器具味つけしたものを試食として配ることもあったという。

しかし時代が下るとバナナは流通量が増えて価格が下落し、更に性風俗扱いされたこともあってバナナの叩き売りは少しずつ姿を消していくこととなった。今では秘宝館などで「伝統文化」として継承されているのみとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 冷蔵や運搬技術が未発達だった上、加工技術も持たなかったため鮮度が落ちると対処が出来なかった。
  2. ^ 鰹のタタキや牛肉のタタキなどもそうであり、実際には叩かなくても「景気が良い」「勢いがある」という理由で「叩き」と着けることは日常的に行われている。

関連項目[編集]

この項目「バナナの叩き売り」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。