バラマキ政策

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バラマキ政策( - せいさく)とは、先人たちによる「ぼくがかんがえたさいこうの政策」である。

概要[編集]

生活保護など人々にお金をあげればみんながそれを使うことで経済が回るというのは素人でも理解できる話であり、かつての徳政令も含めれば歴史上何度も繰り返されている政策である。近年はお金以外の物品をばらまいても経済が回るということが発見されたためバラマキ政策の内容が多角化している。

古典的な手法[編集]

ただ単にお金を上げているだけではまじめに働いている人々にとってばかばかしい話である。そこで公共事業を発注するという体裁でバラマキ政策が実行されることもある。日本ではこのやり方によってさまざまな施設が整備されて高度経済成長を成し遂げた。しかし最近はニート引きこもりが増えているため仕事だけでなく専門の対策業者もばらまかれている。

最近の手法[編集]

1990年代の日本ではとある政治団体が現金に頼らない新しいバラマキ政策として、聖水を街中や駅でばらまくことでテレビでの視聴率を劇的に上げて会員数と知名度を飛躍的に向上させたことがあった。この事例に触発されたのか、政府人々をばらまいて医薬品の研究開発を推進させたり、総理大臣マスクをばらまいてマスク業界を活性化させる等していて、現金以外のバラマキが急増している。また原点回帰の動きもあり、志ある者たちが別の聖水電車新幹線でばらまいて駅構内の広告やワイドショーを独占している模様である。

バラマキ政策は日本のみならず海外でも注目されており、「ベーシック・インカム」と名前を変えた上で行われている。さらに2021年にはバラマキ政策の効果を検証する実験手法を確立した経済学専門家たちがノーベル経済学賞を受賞している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「バラマキ政策」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました