パラダイス文書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


パラダイス文書(パラダイスぶんしょ、英語: Paradise Papers)とは、国際調査報道ジャーナリスト連合 (ICIJ) と加盟報道機関によって2017年11月5日一斉に公表された、パラダイスに関する電子文書群である。

概要[編集]

オフショアリング支援を手がける企業などから、ハッキングにより流出したと思われるもので、これらが南ドイツ新聞に提供され、ICIJがデータベース化したものである。国際的な調査報道プロジェクトが組織され、67の国と地域・96の報道機関から記者382人と世界中から参加してデータの分析や取材にあたっている。

文書には世界中で知られている著名人の名前があると言われており、世界中から注目をされている。その割には日本での注目が少ないが、それについて書くと10000バイト以上は軽く越すことは容易に想像できる上、命の保証も危ういのでここでは省略する。

文書の中身[編集]

ここでは、関係筋から入手した、パラダイス文書の一部を掲載する。

パラダイス1.jpg

パラダイス2.jpg

パラダイス3.jpg


パラダイス文書についての疑惑[編集]

パラダイス文書については様々な疑惑が沸き上がっており、今後の調査が待たれるところである。

なんで海外企業が「探偵!ナイトスクープ」についての文書を持っているのか。
関西ローカルを全国展開しているという番組について、なんで日本語なんて知らないような企業がこんな番組の情報を持ったところで、理解できるとは考えにくい。日本語が分からなくてもリアクションで理解できるのかもしれないが、それでもおもしろさは半減のはずである。
そもそも桂小枝は世界的な著名人なのか。
さすがにこれは、お世辞にお世辞を重ねても到底言えない。番組では「ミスター・ナイトスクープ」と呼ばれ、最長在籍期間を持っているころはいるが、番組を卒業してから4年程度経過しており、世界中が注目しているということも考えられない。落語家としても英語落語をするわけでもなく、世界公演をしているわけでもない。
そもそもこれがなぜ問題となっているのか。
根本的な問題として、世界中が問題視しているのか。毎回冒頭で「複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に究明する~」とは言ってはいるものの、30年近い番組で本当に複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れたことなどほとんどない。そういうある意味ゆるいことが多いこの番組のしかも笑い系の筆頭であるパラダイスものの何が問題なのだろうか?
秘宝館が問題か? それは違うと思われるし……そんなに桂小枝が股間にプリンをのせた不倫スクープ写真が問題なのだろうか?

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パラダイス文書」の項目を執筆しています。