ヒグラシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒグラシ
分類
: 動物界
: 節足動物門
: 昆虫綱
: カメムシ目
亜目 : ヨコバイ亜目
: セミ科
: ヒグラシ属
: ヒグラシ
学名
Tanna japonensfis


ヒグラシ蜩、茅蜩、秋蜩、日暮など)とは、

        カ

       ナ
    ミ   カ
        ナ
   /    カ
      ナ
  ン    カ
       ナ
      カ   ミ ー ン
      ナ
     カ
      ナ
     カ          ミ
      ナ
      カ        │
       ナ
       カ      ン
 ミ      ナ
   \     カ
     ン  ナ
       カ
       ナ        ミ
        カ
       ナ      /
      カ
       ナ    ン
        カ
         ナ
        カ
       ナ
      カ
     ナ
      カ
     ナ
    カ

   ナ

と鳴くセミの一種。

その声を聞いて連想するものは人それぞれで、「なんだか侘びしくなる」人から「子供の頃を思い出して楽しい」人、「おばあちゃんちにいったみたい!」「とりあえず喧しい」「嘘だッッ!!」「え? あれって虫だったの?」など様々である。

生態[編集]

あのヒグラシは夏の一週間で死ぬが、そのヒグラシはなかなか死なない。ニートフリーターよりも歴史は古く、山谷あいりん地区などで現在も多数観察される。冬になると、寿命が来る個体も多い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒグラシ」の項目を執筆しています。