ビアホール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビアホール」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ビアホール」の記事を執筆しています。

ビアホール(beer hole、ビヤホールとも)は、表向きは酒類提供型飲食店として営業する風俗店の一種。和製英語。

概要[編集]

ビアホールのビアはビール、ホールは女性器を指す。アルコール度数は低いが清涼感のあるビールでリラックスした後、嬢からサービスを受けるという形式になっている。こういった食と性を絡める営業形体は江戸時代には既に一般化していたとされ、江戸後期に流行した鰻屋などは二階を貸し座敷のようにして「鰻が焼けるまで時間があるから」と食前に[1]遊女を呼びつけて奉仕させるのが普通だった。また上方でも遊里を「茶屋」、そこへ遊女を派遣する業者を「仕出し屋[2]」と呼んでおり、こういった考え方は日本中で広く用いれていたと思われる。

高度経済成長期の頃は性的な倫理観が薄かった事もあって、男性サラリーマンは仕事帰りにビアホールでスッキリしてから帰宅するのが一般的だった[要出典]が、バブル以降は性的な倫理観の整備や男性の草食化もあって人気は低迷しつつある。

サービス[編集]

ビアホールで給仕する嬢のイメージ。

ビアホールで提供されるアルコールは基本的にビールだけだが、時代が下るにつれて黒ビールや第三のビールなど選択肢が増えてきてはいる。またいわゆる「生ビール」が多く、缶や瓶ビールは見かけない[要出典]。これは「生」という語感がエロティックなのもあるが、生ビールはサーバー設置用の樽[3]が大容量なので缶や瓶のように細々と入れ換えなくても済むしサーバー内で冷却しながら提供するので事前に冷やしておく必要が無い為である。また肴は揚げ置きの唐揚げや茹で置きの枝豆など利便性を重視しており、味はあまり考慮されない。

サービスを行う風俗嬢が画像のように色気を振り撒きつつビールジョッキや料理を運ぶのを見ながら品定めし、メートルが上がってきたら[4]尻を撫でるなり胸を触るなりして「次のサービス」への移行を求める。その際には店の奥を使用するが、風営法の都合上本格的なベッドやシャワーなどを置けない為プレイ内容は関西でいう「ちょんの間」に近い。

世界のビアホール[編集]

ビアホール自体は和製英語だが、同様の風俗店は世界各国に存在する。例えば中国で宿泊施設を「飯店」「酒家」と呼ぶのは、食事とセックスが密接に関係していた為であり、ビアホールのようなスタイルがそれだけ浸透していた証である。

またアメリカでは酒造会社バドワイザーが自ら販促の為、街のコールガールを雇用し扇情的なコスチュームを着せ「バドガール」としてサービスをさせている。この店では当然バドワイザー以外の銘柄は無いものの、コールガールによる如何にもアメリカンなエアロビクス的セックスが楽しめるとして観光客を中心に人気を博している。

脚注[編集]

  1. ^ 或いは食後に「鰻でついた精力を試す為」と言って
  2. ^ 「し」て「出」させる」、つまりサービスにより射精させる事を示す陰語。
  3. ^ 正確には5~10リットル入りの大型缶。
  4. ^ あまり上がりすぎると中折れの原因になるので、程々に。

関連項目[編集]

この項目「ビアホール」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)