ビジネスホテル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「ビジネスホテル」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ビジネスホテル」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ビジネスホテル」の記事を執筆しています。

ビジネスホテルとは、宿泊産業におけるビジネスクラスである。下層のエコノミーホテルと上級のファーストホテルの中間に位置する。つまり、飛行機の座席と同じく、経済的でもなく富裕層のビジネス向けでもない。

概要[編集]

エコノミークラスのカプセルホテルとファーストクラスの高級ホテルの中間という位置付けを自覚し、両者の中途半端を極めることを使命とする。つまり、価格でも設備でも中途半端なものしか備えていないのがビジネスホテルのアイデンティティーである。

歴史[編集]

1920年代まで、日本でホテル(に相当する宿泊施設)と言えば高級旅館か木賃宿[1]に二分化されていた[2]。しかし大正の好景気に乗って一般庶民が泊まり掛けで行動する事も多くなり、モノを見る目がないくせに口だけはうるさい彼ら向けの中級宿泊施設が求められるようになった。また交通機関の整備によりビジネスでの移動も増えたが、ビジネスマンは貧乏嫌いでも二級市民扱いされるのを嫌い、彼らをセカンドクラスと呼んだ旅館を焼き討ちする事件を起こして回った。そういった経緯から中級宿泊施設はセカンドホテルでなくビジネスホテルと呼称されるようになった。

サービス[編集]

施設規模や機能はまさにカプセルと高級ホテルの中間であり、アメニティは備えてあるが質はそこそこでしかない。食事のメニューは数種類しかなく、テレビはBS局が映らない。[3]。ファーストホテルとは異なり性的マッサージなどはサービス外だが、外部のサービサーを呼ぶ事が可能になっている。[4]

人間によるルームサービスはそもそもデフォルトでは入っていない場合がほとんどで、従業員が表に出てこないところも少なくなく、手抜き労働に向いている。食事等も外部の施設使用が前提になっており、案外エコノミカルにならない。その割に大都会では1泊1万円以上の宿泊料金も珍しくなく、従業員が表に出てくるのが危険なぼったくりビジネスとなっている。安いコストで高い利益を上げるのを理想とするビジネスの名前を冠するにふさわしい。料金が安ければ安いほど賠償を求める警告書きが増えるが、ビジネスホテルはそんな警告の海で眠れる社畜に特化したビジネスなので、経営に害を及ぼす心配はない。

ビジネスホテルは多目的使用が可能な中級施設、という点こそがウリであり細かいサービス等はあまり求められない傾向がある[要出典]。基本的にルーム自体は広くなく、エレベーター横の部屋などはベッドだけで埋まっていることもしばしばであり、蟻並みの家に住むのを好む日本人に合わせた仕様となっている。だが、そんな狭さでも物足りないのか、「眠る場所さえあればいい」という要望から狭い寝室しかないカプセルホテルの普及も進んでおり、ビジネスホテルの数は減少傾向にあるという[要出典]


利用者[編集]

観光地に来たというのに、旅館で女将たちにかしづかれるのを嫌う割に、巡礼者向けのような簡易宿泊所を設備がなさすぎと文句を言う程度の中途半端な禁欲しか持たない層が主なターゲットである。または、会社のお金で豪遊する自由のないビジネスマンも主な利用者である。設備が中途半端なだけに、観光客もビジネスマンも中途半端な者しかやってこない。

脚注[編集]

  1. ^ 自炊を前提とした宿。欧米で言うキッチンホテル。
  2. ^ 例外として、セックスだけが目的の連れ込み宿(貸し座敷)などもあった。
  3. ^ ボディソープなどはリッター単位で購入される安っい業務用を更に薄めてセットする。
  4. ^ また、観賞用サービスもあるが別料金になっている。

関連項目[編集]

この項目「ビジネスホテル」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。