ビリーズ・ブートキャンプ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「ビリーズ・ブートキャンプ」は何故か「ビリーズブートキャンプ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ビリーズブートキャンプ」の項目を執筆しています。

ビリーズ・ブートキャンプ(Billy's Boot Camp)は、アメリカ合衆国を主な拠点に活躍するYOSAKOIソーラン祭りのダンスチームである。

日本のよさこいチームが鳴子を使うのに対し、ビリーズ・ブートキャンプは「ビリーバンド」と呼ばれるゴムバンドを使用し、アメリカらしくアーミールックで踊るのが特徴である。

ビリーズ・ブートキャンプ誕生前史[編集]

日本の高知市でよさこい祭りが始まったころ、ベトナム戦争の激戦地から戻ったクラックで決めた兵士が、休暇地の高知市内で天啓を受け、アメリカ帰国後に初のよさこいチーム「ヴィレッジ・ピープル」を結成したとされる。

これにより、アメリカでは空前のよさこいブームが沸き起こり、1980年代にはこれを発展させて、マイケル・ジャクソンが「スリラー」、1990年代にはMC.ハマーが「ケンタッキー」というよさこいダンスチームを結成することとなり、これが後年の「ビリーズ・ブートキャンプ」誕生へと繋がった。

日本でも、1980年代には「一世風靡セピア」、1990年代には「zoo」や「TRF」というよさこいダンスチームが誕生している。

ビリーズ・ブートキャンプ誕生[編集]

1990年代、札幌市でYOSAKOIソーラン祭りが誕生し、たちまち全国で同種の祭りが開催されるようになると、韓国空手もどきを、"This is Karate Nida"騙されて習っていたビリー・フランクスは、やはり「YOSAKOIの起源は我が民族古来の舞踏であり武術でもあるテッキョンNida」と出鱈目知識を吹聴され、それをころっと信じ込んだままYOSAKOIソーラン祭りに参加する。そこで、敬愛するジョン・トラボルタの「サタデー・ナイト・フィーバー」の源流がよさこい踊りであることを知り、大きなショックを受ける。

やがてアメリカに戻ったビリーは、自分のよさこいダンスチームでYOSAKOIソーラン祭りに参加することを夢見、フィットネスクラブを回ってメンバーを集める。新たなダンスパフォーマンスを求めて悩んでいた頃、たまたま仲良くなった穴兄弟の、日本の某芸能プロダクション社長から、そのプロダクションのよさこいチームフォーリーブスの「地球はひとつ」を紹介され、それを自分のダンスに取り入れることを決めた。それがビリーズ・ブートキャンプの誕生へと繋がった。

ビリーは、ダンスに日本のダンスパフォーマンスを取り入れており、江頭2:50の『でんでん太鼓』を元に「飛行機ブンブン」を、藤井隆の『ナンダカンダ』を元に「中腰の状態での腕の上げ下げ」を考案したことは良く知られている。

長らくアメリカ国内でよさこいイベントを主催する活動を中心にしていたが、2007年から本格的に日本のイベントにも参加するようになった。

関連項目[編集]