ピペド切り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ピペド切り」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
「じゃあ学会活動できるじゃない!」
ピペド切り について、斉藤ふさ子

ピペド切り(ぴぺどぎり)とは、経年劣化により動きが鈍くなったピペット土方や、生産調整により不必要になったピペット土方を破棄する行為である。 同義・類義語として、派遣切り(はけんぎり)などがある。

ピペット土方の減価償却[編集]

工作機械などが、減価償却により経年によって価値が減少していくのと同様にピペドも経年劣化によって価値が減少していく。入荷直後は導入に手間取りミスをするものの数日で正常に稼働するようになる。しかし、導入から10年ほど経つとピペド本体が老朽化することによって実験効率が落ちることになる。特に視力の低下や徹夜耐性が悪くなる点でパフォーマンスが全体的に低下する。 そのため、導入から10年ほどで新しいピペドと交換され古いピペドは運の良いピペドを除き破棄される。故障した場合も病院に修理に出すよりも、新規に仕入れた方が安いため多くの場合は使い捨てにされる(ディスポピペド)。 大型公共事業では一時的にピペット土方の需要が高まるためリース形態で供給されることもあるが、もちろんリース切れになると大量の放出がある。例えば、タンパク延べ3000うわなにをすrくぁwせdrftgyふじこlp; 日本の政府方針では、約10年の耐用年数を今後は5年ほどに縮める予定である。また、今後事業仕分けによりピペット土方は大量に海外投棄される見込みである。

ピペット慰安婦の場合、取得価額は高め、償却率も高めである。そして定率法による減価償却に加えて、新しいピペット慰安婦の導入により著しく陳腐化した場合や、不倫PIの嫁が怒鳴り込んできてラボが修羅場になった場合には、国税局の承認を受けて耐用年数を短縮する特別償却によることが可能である。

突然の故障[編集]

ピペドが突然に壊れる場合も多い。故障の原因は一般的な3大疾患などではなく、多くは鬱病統合失調症などである。この場合も修理するよりも買い替えた方が安く済むため、通常は使い捨てにされる。行方不明になったり自殺したりすることもあるが、この場合は廃棄処分の手間がなくなるので多くの場合好ましいことである。分生(日本分子生物学会)に参加しているピペドはその時点ではまだ稼動中であることが保証される。

海外投棄[編集]

公的には「海外への頭脳流出」などと上品で控えめに書かれることが多い。リサイクル法の施行により廃棄には一定の料金がかかるようになったため、環境への配慮もあり、旧式だがまだ使えるピペドは海外に輸出することが最近は増えている。推薦書には多くの場合ノークレーム・ノーリターン・現物渡しという文言が記載される。中にはジャンク扱いに関して国際問題に発展することもある。

不況による生産調整[編集]

民間の研究機関の場合、生産調整によるピペド切りがよく行われる。この生産調整の役目を担うのはWD検閲により削除などの手配師業者である。民間の研究機関は手配師業者に生産調整の旨を伝えれば、老朽化したピペドの廃棄や減産によるピペドの廃棄をしてもらえるので非常に便利である。こうしてWD検閲により削除の株価は山中フィーバーの追い風を受けて1株あたり2010年の5万円から2013年現在30万円へと騰がっている。これはマーケットが有望なビジネスと判断した現れである。フリーのピペドとの直接契約に比べ、業者を通した場合のほうがトラブル対応がスムーズで安心できることから、相対的な需要拡大が見込まれるためである。


トヨタ生産方式導入によるラボの自働化とピペドロボ[編集]

近年、メカトロニクス技術の急速な進歩によりラボの自働化が進んでいる。 ピペドロボ(動画1動画2動画3動画4動画5)が開発され、今後はラボの生産性が大きく向上する見込みである。ピペドロボは不平不満を言わず24時間働くことができ、大きな市場が見込めるため産業機械メーカーにとってはまさにブルーオーシャンとなっている。その一方でピペド切りをさらに加速させる可能性が指摘されている。

ピペド村[編集]

ピペド切りにあったピペド達の集落

ピペド村とはピペド切りにあったピペド達の集落のことである。若年ならばよいが高齢のピペドの場合、身寄りがない場合が多い。そのようなピペドは河川敷や公園などに集落を作り野宿生活を送る。富士樹海の深奥には国内最大規模のピペド村があり楽園を形成していると言われている。[要出典]楽園に行った者は、あまりに幸福なため戻ってくることはない。ピペド村にはピペド以外にも多種多様な人種や経歴を持つ人が集まり、ピペド村は文化交流が盛んとなっている。

ピペド斬り[編集]

ピペド切りと混同されがちであるが、これはれっきとした武術である。かつてバイオインポが「おまえは研究に向いていない」と発言し、リミッター解除されたピペドがこの秘伝の技を見舞ったことは記憶に新しい。

もちろんこの武術には、アジ化ナトリウムを筆頭とする各種薬品の取扱い処方も秘伝として含まれている。

関連項目[編集]