フォンデュ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フォンデュ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「フォンデュ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「フォンデュ」の記事を執筆しています。

フォンデュとは、フランス語の「fondre」(溶かす)の過去分詞「fondu」に由来する性的プレイの一種。ジャンルとしては「女体盛り」の類型となる。

概要[編集]

チョコレートフォンデュ。

一度湯煎するなどして溶かしたチーズチョコレートを人肌程度まで冷ました後、肌の上に垂らして拡げたものを舐めとりながらペッティングを行う技法。また広義ではハチミツや生クリームなど最初から液体のものを使う場合も含まれる[1]。英語で恋人を「ハニー」「スイート」などと呼ぶのもこれに由来するとされている[要出典]

全体としては塩気の無い物を使う場合が多いが、これは肌表面が皮脂や汗で塩味を帯びやすい為にそれを緩和しようと甘味を加えようとする傾向がある為である[2]。チーズも可能であれば無塩が好ましいが、保存性や風味の都合で有塩チーズが多く使われている。

あまり広い範囲に塗ると周囲を巻き込んで盛大に汚れてしまうのと、油分によりのぼせやすくなるのが問題点。またクンニ/フェラと組み合わせる場合は衛生上の問題もあるので、途中で口をゆすぐなり歯を磨くなりするのが望ましい。肌に塗ったチーズを舐めつつクンニしてそのままキス、というのは非常に危険[3]

歴史[編集]

元々は性的戒律の強いキリスト教圈で、如何にして世間の目に触れず性具を作るかという研究から生まれた。一般的に食材として使われていた塊油[4]やチーズであれば大量にあっても不自然ではないし、溶かして肌に塗った際の質感が艶かしくエロチックであった為西ヨーロッパを中心にして広まっていった。また軍隊内で内密かつ効果的に性欲を処理しうる手法としても採用され、かのナポレオンも妻とのセックスでチーズを使ったフォンデュを行っていたと記録されている[5]

日本には1950年代になって伝わり、戦後の3S世代[6]がこれを好み文化として受け入れた事で社会に浸透し、その後のフリーセックスブームや恋愛のカジュアル化によって一般化していった。今ではバレンタインなど様々な機会に広く行われるようになっている。

脚注[編集]

  1. ^ オイルフォンデュの場合固形と液体のもの両方が使われる。どちらにせよ結局は液体にするが。
  2. ^ 特に性器周辺の場合、塩味と共に酸味も強い。
  3. ^ またチョコレートを塗った状態でのアナルクンニは論外な程に危険。
  4. ^ 今で言う牛脂や固形ラード。
  5. ^ ただし「好んだのは妻の方で、ナポレオン自身はそうでもなかった」ともされている。部下が眠っているナポレオンにチーズを嗅がせたところ、疲れた声で「今夜は勘弁してくれ」と寝言を言ったとか。
  6. ^ スピード、スポーツ、セックス。当時の若者文化の三本柱である。

関連項目[編集]


Dish.png このフォンデュは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)