フットボール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

フットボール(英: football)とは、2つのチームが1つのボールを奪い合い、指定された相手陣地のゴールに蹴り込む、または運び込む競技を通した人間観察方法である。

概要[編集]

フットボールは、プレーする競技者を観察し、競技者の協調性、メンタリティ、サボり度などを測定する。また、これをスポーツとして独自に楽しむ人々もいる。(サッカー)

歴史[編集]

フットボールの起源は、1997年ごろである、アメリカの小学校で、先生バレーボールを蹴って遊んでおけと体育の授業で言ったところ、約3種類のグループに分かれたことから、それを見ていたユリ・ゲラーが編み出したと言われている。 なんちゃらフットボールの言うのはこれではない。

ルール[編集]

そこまで決まったルールは無いが、いくつかまわりから批判されるプレーを挙げる。

  • 手でボールに触れる(ただしキーパーだと言い張った場合を除く)
  • 審判になる
  • 殴る蹴るその他の暴力(公的なものではこれを行うと黄紙や赤紙をもらうことができる)

たいていの場合、以下のような形で行われる。

  • コートは小学校の運動場の半分ぐらい。
  • ボールはそれなりのやつ。
  • 1チーム10人程度。

プレースタイル[編集]

先述したように、主に3つのスタイルに分けられる。

  1. 味方(時に敵方)のゴールポストにもたれて雑談をする
    これはサボりまたはアンサイクロペディアンまたはいじめられっ子である。
  2. ただボールに群がる
    これはウィキペディアンまたは、一般人である。
  3. ずっとボールをもってドリブルをする。
    これはいじめっ子てある。このタイプは協調性が無い。
  4. その他
    1. やたらとキーパーをしたがる。
    2. やたらと審判をしたがる。
    3. やたらと監督をしたがる。

これらを見て、先生は席替えをくじ引きと見せかけていじったり、クラス替えを行ったりするのである。

技術[編集]

  • キック
    チームのプレイヤーを蹴ること。
  • ヘディング
    頭突きをすること
  • シュート
    思いっきりボールを蹴り飛ばすこと
  • ドリブル
    ボールを誰にも渡さない自己中なプレー
  • パス
    ボールを味方の3のタイプのやつに無理やり奪われること
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フットボール」の項目を執筆しています。


ExSport.png この項目「フットボール」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)