フニクリ・フニクラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フニクリ・フニクラ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「鬼のパンツ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wiki-globe.png
アンサイクロペディアの内容じゃないよう
このページの記述には事実が多いので頭の固いウィキに書くべきです。
とっととばかばかしく編集するか、こっちの方に書いてください。そうでないと誰か怒られちゃうよ。
警告!
この項目には、JASRAC登録曲の歌詞が無断で使用されています。直ちに指定の口座に使用料を振り込んでください。払っていただけない場合は法的手段に訴えます。

フニクリ・フニクラ(ふにくり・ふにくら、Funiculì funiculà)とは、本来はカッコいいイタリアであるが、日本人の誰かのせいで、「鬼のパンツ」というヘンテコ替え歌にされてしまったかわいそうな歌である。

概要[編集]

フニクリ・フニクラは、19世紀1880年に作曲・発表された。同年にヴェスヴィオ山の山頂までのケーブルカー(イタリア語では「Funicolare」)の「ヴェズヴィアナ鋼索線」が敷設されたが、当初は利用者が少なかった。そのため、本作は運営会社が宣伝曲を作ることを考えて、作曲家ジャーナリストにより作曲・作詞された、世界で最古のコマーシャルソングともいわれる。「フニクリ・フニクラ」とは、前述のケーブルカーの愛称である。

... と、ここまでは普通に良い話であるのだが、この後、この歌に重大なハプニングが訪れたのである。

なんと、この歌を聞いた日本人の誰かが、この歌の歌詞をアレンジしてしまい、「鬼のパンツ」と題するヘンテコな歌詞にしてしまったのである。著作権の関係上、原曲の歌詞とその歌詞をこの場で比較することはできないが、とにかく原曲のイメージを覆すような替え歌が、日本では何故か定着してしまった。そのため、日本国民の8割以上は、本当はこの曲がイタリアのカッコいい歌であることを知らないであろう。

しかし、実際日本でも、原曲の歌詞を日本語に翻訳した、ちゃんとした歌が歌われたこともある[本当][1]。にも関わらず、なぜかいつの間にか「フニクリ・フニクラ=鬼のパンツ」というイメージが日本では定着している。替え歌の作者が不明であるため、真偽の程は不明であるが、ヴェスヴィオ山に鬼が住んでいると誰かが誤解したのだろうか。一体なぜ、あの歌が鬼のパンツへと結びついたのであろうか。

著作権問題[編集]

そもそも、フニクリ・フニクラを「鬼のパンツ」に替えたことは、厳密には犯罪行為と言える。フニクリ・フニクラの著作権を侵害しているためである。当然JASRACもこの事実を受けて、直ちに使用料を請求しようとしたもののの、そもそも誰が作った替え歌かわからないため、誰を訴えればよいのかがわからず、JASRACも混乱した。とにかく、鬼のパンツを一刻も早くなかったことにしたほうがいいという意見は強い(まあもう無理かもしれんが)。それなのに、もはや鬼のパンツは姿を消す気配すらなく、幼い子供への教育用の歌として歌われている。すなわち教育上の観点からも問題視されているのだ。

結論[編集]

心の優しい人は、鬼のパンツという替え歌ではなく、原曲の歌をちゃんと歌ってあげよう。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

この項目「フニクリ・フニクラ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)